電子書籍の販売と銀行手数料
見出し画像

電子書籍の販売と銀行手数料

hiru2ada4man

電子書籍の販路はインターネットとつながる全世界である。

書籍を多言語化して販売していると、かならず売上が伸びる

外貨の獲得をしていて、国内で右から左へお金を流しているよりかは、

優越感に浸れるが、銀行の手数料が割高であることに

不満を感じることがある。

振込決済手数料が、オンラインであるのにも関わらず、

440円である、

電子書籍の売上が海外の銀行から振り込まれる、

銀行はボロ儲けである

年末から、手数料を下げるといっているようである、

しかし、高すぎる感は否めないであろう

銀行の支店長レベルの給与平均を見ても、

違和感が残るのである

仮想通貨の手数料も割高ともいっておきたい

銀行決済か、仮想通貨決済にするか?

1円でもムダに出来ないでいる


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hiru2ada4man

Skype ID : zd7_6 オンライン中だったらつながるよ! 気軽にダベロウよ。

読んでくれたのね!
hiru2ada4man
イヌを飼っていて、イヌの相手ばっかりです。 オス3才(ミックス犬)、コイツ寝顔は可愛い。 有料コンテンツにすると嫌がらせをするヤカラがいるので、あえて開放しております。