アートコラム

お絵描きアプリおすすめ5選

こんにちは、こんばんは。
イラストレーターの417(シーナ)です。

デジタルでイラストや漫画を描くためにはお絵描きソフト(アプリ)が必要になってきます。いまは、パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも使えるソフト(アプリ)が登場し、気軽にお絵描きをすることができるようになってきました。

今回は、私が使っているものも含めて、数あるお絵描きソフト(アプリ)の中からおすすめなものを5つ紹介していきたいと思います。

【(1)アイビスペイント】

画像1

◆使用可能な端末:iPhone、Android、iPad

このアプリはなんといっても「無料」で使えることがポイントです。

スマホ(タブレット)さえあればすぐに簡単に始めることができるので、まずデジタルイラストを試してみたい人におすすめです。

無料と書きましたが、機能は豊富にあり、かなり本格的にお絵描きをすることができます。とはいえ、キャンバスの大きさや解像度に制限があるほか、有料版・プレミアム会員でないと広告が表示されたり、使えるブラシの種類に制限があったりします。

・有料版:840円
・プレミアム会員:月額300円

お絵描き投稿サイトpixivのように、作品を投稿してほかの人に見てもらったりコメントしたりなど、交流ができるのも魅力だと思います。

このアプリでデジタルイラストに慣れてから、さらにお絵描きをもっと楽しみたいと思った方は、この後に紹介する有料のソフト(アプリ)に乗り換えるのも手だと思います。

・公式サイト:https://ibispaint.com/

【(2)Procreate】

画像2

◆使用可能な端末:iPad

iPadに特化したお絵描きアプリです。

タッチ操作などが充実しており、機能もそれなりにあり、一方でシンプルな画面なので初心者にも優しいアプリです。ただ、テキストの入力はできないため、漫画を描きたいと思っている人にはおすすめできません。

また、アプリ自体は日本語に対応しているのですが、公式サイトは英語で書かれたものしかありません。ただ、有志による日本語で書かれた解説サイトなども存在しているので、ちょっと面倒ですが調べればやり方などを学ぶことができます。

・価格:1,200円

【(3)ペイントツールSAI】

画像3

◆使用可能なOS:Windows

歴史の古い、シンプルで軽快な動作が売りなソフトで、愛用者も多いです。ただ定番の機能は省略されているものも多く、また印刷するためのCMYK出力の機能もないため、趣味での使用ならまだしも、プロ用ソフトとしては、おすすめできないです。

公式サイト:https://www.systemax.jp/ja/sai/

【(4)Photoshop】

画像4

◆使用可能なOS:Windows、macOS、iPad

イラスト・デザイナー業界ではとても有名なソフトです。

このソフトは元々写真加工のためのソフトのため、画像編集機能がとても充実しているのが特徴です。とはいえお絵描きの機能も充実しており、できることがとても多いため使いこなすにはある程度知識が必要ですが、自分好みに設定をカスタマイズできるのも魅力です。

難点といえば、使用するには月額でお金を払い続ける必要があります。ある程度お金に余裕がないと使い続けるのが苦になるかもしれません。

・フォトプラン:980円/月
・Photoshop単体プラン:2,480円/月

なお、機能制限版「Photoshop Elements」もあり、15,000円で購入することができます。

・公式サイト;https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

【(5)Clip Studio Paint】

画像5

◆使用可能なOS:Windows、macOS、iPad、iPhone

今やお絵描きソフトとして定番となった、愛用している人がとても多いソフト(アプリ)です。

私もメインで長年使用しています。

このソフト(アプリ)はできることが非常にたくさんあり、いろいろな用途に使うことができます。多機能ゆえに少々初心者にはハードルが高い部分もありますが、慣れればとても強力なツールとなりえます。

アニメーションや漫画の機能を持つEX版と、1枚のイラスト制作に特化したPRO版があります。iPad版、iPhone版も、ほぼパソコン版と同じ機能を持っており、互換性もあります。私は、iPadでイラストを描いて、その後パソコンに引き継いでテキスト入力などをすることが多いです。

また公式サイトでは、サポートがとても充実しており、ユーザーが作成したブラシなどの素材をダウンロードすることもできます。

・PC版 PROは5,000円、EXは23,000円
・iPad版 PROは480/月、EXは980円/月
・iPhone版 PROは100円、EXは300円

プロのイラストレーターでも使っている人はとても多いし、専門学校や業界でも導入されていることが多くなってきたので、金額的にもPhotoshopよりこちらを選択する方が良いかもしれません。

・公式サイト:https://www.clipstudio.net/

【まとめ】

まずデジタルイラスト入門として「アイビスペイント」自分は趣味だし高いお金はかけたくない、という人は「procreate」や「SAI」イラスト・デザイナー業界で働きたいなら「Photoshop」プロアマ関係なく、お絵描きを思う存分楽しみたいなら「Clip Studio Paint」という感じですね。

それでは、自分に合ったソフト(アプリ)選んで、快適なお絵描きライフを過ごしてくださいね。

【著者プロフィール】

画像6

【名前】
・417(シーナ)

【画材】
・デジタルアート
・透明水彩

【特技】
・水彩

【経歴】
・2018年初個展
・2019年nano gallery 準優勝

【音楽】
・ファイナルファンタジー

【映画】
・メイドインアビス

【居住】
・滋賀県

【一言】
・デジタルとアナログを掛け合わせて、デフォルメ女の子を描きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります♪ありがとうございます!
9
多様な生き方とアートの力をお届けする162Works(イチロクニワークス)のアート情報、アートのコラム&エッセイなど様々なアートに関することをお届けします。▼https://www.162works.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。