自分らしいプチ副業のすすめ(後編) 実例サービス紹介

 
前編の続きから

 
 
■ 副業で稼ぐハードルは断然下がった
 
ここ5~6年で、副業のハードルは一気に下がりました。
 
個人間個人のインターネットサービスが急増したからです。
 
いま、副業に活かせるどのようなインターネットサービスが存在しているのか?
 
有名なものだと、メルカリですね。
 
その他にも実は様々なサービスが登場しています。
 
これらを知ると、自分がプチ副業で収入を得るイメージがぐっと高まります。
 
 
具体的に、どのようなプチ副業を始められる
 
インターネットサービスがあるのかご紹介します。
 
 
 
 
一昔前は、ほとんどB to B か B to C がほとんどだったように思います。。
 
しかし今は C to C が伸びています。
 
B=法人(会社)
 
C=個人
 
のことを示します。
 
 
一昔前は、
 
法人(会社) 対 法人(会社)
 
法人(会社) 対 個人
 
が多かったんですね。
 
だから個人の副業の選択肢は少なかった。
 
 
 
■ 副業できるインターネットサービスの事例紹介
 
 
だけど、インターネットとスマートフォンの出現によって
 
大きく変わりました。
 
個人が簡単にビジネスを始めて稼げるようになっています。
 
 
身近な例だと
 
「ユーチューバー」です。
 
誰でも無料で投稿できて、それを誰もが観ることができます。
 
これはすごい革命です。
 
YouTubeのユーザー数はハンパなく多いですから。
 
 
ヒカキンやフワちゃんは、元々は一個人の素人。
 
ユーチューバーからタレントになったパターンです。
 
 
 
 
C to C サービスの大御所は、何といってもこれでしょう。
 
メルカリ


 
 
もはや知らない人はいないんじゃないかな?
 
「フリマアプリ」って言われてますよね。
 
リアルなフリマに出店するって、ちょっと大変です。
 
でも今はスマホひとつで一個から出品できちゃうようになりました。
 
本当に何でも売れちゃうようです。
 
モノを売るので、個人の特技とか能力は関係ありませんから、
 
プチ副業にはおすすめ度が高いです☆
 
ただ、たくさん稼ぐにはちょっと不向きかと思います。
 
なぜなら労働集約だから。
 
メルカリと同じようなサービスに、
 
ヤフオクや、アマゾンマーケットプレイスもあります。
 


 
アマゾンマーケットプレイスは、本を売ることができます。
 
専門書ってわりと売れるんですね。
 
僕は、大学生の頃だったか、大学卒業して間もない頃だったか、
 
大学の授業で教科書に指定されて買った本を売りに出したことがあります。
 
これが見事に売れました。
 
当時、嬉しかったなー。
 
 
 
 
わりと昔から存在するのがブロガーです。
 
 
自分のブログの訪問者に直に商品を売ったり、
 
アフィリエイト広告で稼ぐという手段もあります。
 
 
でもブログで一定数以上のPVを作るのはけっこう大変です。
 
根気強くブログを書き続けないと、訪問者が生まれません。
 
 
 
今はブログよりもYouTubeの方が勢いが強いですね。
 
でもユーチューバーも同じで、
 
稼ぐのはかなりの努力の継続が必要です。
 
はっきりいって、普通の会社員の仕事並みか
 
それ以上の工夫と努力が必要です。
 
だから、『プチ副業』には、僕としては強くおすすめしないですね。
 
でも、興味があってやりたい人はぜひやるべきです。
 
興味、好奇心は、何よりも大事なことだからです。
 
できるかどうかよりも、
 
やりたいかどうかです。
 
 
 
 
「ライバー」って知ってますか?
 
わりと最近新しい分野の個人の稼ぎ方です。
 
 
「ライバー」というのは、
 
ライブ配信サービスで収益を得ている人です。
 
有名どころだと17LIVEというサービス。
 

配信者にファンが投げ銭できるシステムなんです。
 
自分が顔を出してファンを作りたい人にはおすすめです☆
 
 
 
 
また、最近ユーザーが多く増えているのがnote。
 


 
noteはブログのようなサービスなんですが、
 
個人が誰でも記事を販売することができます。
 
他にも、写真、イラスト、音楽、映像を販売することができます。
 
プチ副業にはnoteもおすすめです☆
 
 
 
また、僕も活用しているCtoCプラットフォームが、ストアカです。
 


 
ストアカでは誰でも先生になって講座を開くことができます。
 
実に様々な講座が開催されています!
 
新型コロナウイルスが流行する前は、
 
対面での講座が原則だったと思いますが、
 
今はオンライン講座OKです。
 
オンライン会議システムのZoomを使えば、
 
気軽に誰でも、全国の人に講座を開催できるようになりました。
 
 
僕も今はオンラインで講座を開催していますが、
 
先日は群馬と愛知から参加してくれました。
 
 
ストアカはユーザー数も講座数も多いです。
 
「へー、こういうのもあるんだ~」
 
という講座もありますので、ぜひ覗いてみてください。
 
 
このストアカのようなサービスは、
 
「スキルシェア系サービス」と言われています。
 
 
 
他の「スキルシェア系」サービスで有名どころは
 
ココナラです。
 

 
「みんなの得意を売り買い」というキャッチフレーズ。
 
テレビCMもやってました。
 
ココナラも、実に色んなサービスがありますよ。
 
ただ話を聞くだけ、というサービスもあります。
 
ココナラは、ストアカとはまた違った商品・サービスが多いです。
 
占いとかも多いですね。
 
他にも、HP作成とか似顔絵とか、
 
請け負い型のビジネスが多い印象です。
 
 
 
 
写真が好きな人におすすめなのは、PIXTAです。
 

 
写真などの素材を販売するサービスですが、
 
個人が写真を販売することもできます。
 
ストックを溜めていくことができるので、
 
じわじわと売上が増えていくと、きっと楽しいですね。
 
 
 
 
他にも、C ot C のプラットフォームサービスは多くあります。
 
 
 
■ お金の管理がめっちゃ楽
 
これらの便利なところは、課金システムを担ってくれる点です。
 
つまり、お金のとりっぱぐれがないこと。
 
さらに入金管理や催促の面倒さがゼロなんです。
これはめちゃくちゃ便利で助かります。
 
もちろん、プラットフォームに手数料は取られますが。
 
 
 
■ SNSの活用で集客もできる
 
SNSの発展によって、
 
コストをかけずに認知されることも可能になりました。
 
 
Twitter、Facebook、Instagram、tiktok などの
 
SNSで、知らない人と繋がることが容易になりました。
 
広告費をかけなくても、自分のサービスの認知や集客に活用できます。
 
 
小さな金額を稼ぐことから始めるプチ副業は、
 
初期投資不要で始められます。
 
 
 
 
 
■ あんまり考え過ぎずに始めてみるのがいい
 
 
まずは金額にこだわらずに始めてみるのが、僕としてはおすすめです。
 
どうしてかと言うと、大きな売上を得ることを前提にすると、
 
行動できなくなるからです。
 
初心者にはかなり難しいです。
 
だから、気軽に小さく始める方が、気楽でよくて、いいスタートを切れます。
 
 
 
とは言え、自分に何ができるのか、自分では分からないものですよね。
 
自分で考えても分からない場合は、こうするといいですよ。
 
 
友達に訊く。
 
 
人って、自分のことはよく見えないけど、
 
他人のことは見えているものです。
 
だから、あなたの仲の良い友達に訊いてみてください。
 
自分では自覚していなかった自分の新発見があります。
 
 
もしくは、僕のコーチングを活用してください。
 
あなたの好き得意を、潜在意識から言語化します。
 
 
 
 
 
 
自分が好きなことで誰かに喜ばれて
 
お金を稼ぐことは、本当に楽しいですよ。
 
生きてるって実感があります。
 
世界観が変わります。
 
人生が変わりますよ。
 
 
生きがいを感じる人が世界に増えるといいですよね。
 
 
本気で一歩を踏み出したい人は、
 
僕も全力で応援します。
 
お気軽にご相談くださいね。
 
 
 
 【自分の原因が解かる!無料! 】
150人突破!
アドラー心理学流「本当に自分らしく働く力」診断テスト

得られる効果
1.「本当に自分らしい働き方」がわかる
2.仕事でストレスを感じることが減る
3.本当に自分らしく働くための秘訣を理解し、応用できるようになる
4.あなたが自分らしく働けない『本当の原因』がわかる
さらに!
5.高い潜在能力を発揮しやすくなる
6.アドラー心理学などの心理学を学べる
しかも!!
7.短い時間で、何時間ものセミナー、何冊分もの本のノウハウを無料で得られる

こちらもどうぞ!
10年後に後悔しないための、自分らしい転職適性診断


【100人以上が受講 満足度4.61の人気講座】

スクリーンショット (168)


この記事が参加している募集

#はたらくってなんだろう

10,819件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「本当に自分らしい仕事」、 「生きがいを感じる仕事」を見つけ、実現する。 アドラー心理学とコーチングを用い、自分らしい幸福な働き方、人生を創ることを支援しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。