見出し画像

僕がオンライン指導サービスを始める理由 〜 教育格差をなくし日本復活へ 〜

皆さん、こんにちは。阿部です。

数名の学生さんにはテスト的にオンライン指導を行なってきましたが、その中で知見も多くたまり、これから本格始動 というところです。

前回は、「なぜ予備校に行くべきでないかを東大卒が解説する」というタイトルでnoteを書きました。

今回は、本格始動をするにあたり、私が「なぜ」「いま」オンライン指導を行うかについて書いていこうと思います。

「教育格差をなくしたい」

以前のnoteで書いた通り、私は塾や予備校に行かずに独学で、東京大学に合格しました。
そして、東京大学に行って分かったことは、地方と東京で学習の環境が全く異なるということです。

まず、地方では予備校に通うために往復2、3時間がかかることもあります。
また、東京は人口が多く、ハイレベルの予備校も存在するため、そのようなレベルの高い予備校では、学生同士の激しい競争が行われています。

挙げ始めるとキリがありませんが、多くの理由により、地方と東京では大きな学習環境の格差が発生しています。
当然、地方にも素質のある優秀な学生が多く存在しますが、彼ら彼女らのほとんどが正しく学ぶための環境がないために、その能力を伸ばし切れずにいます。

しかし、オンラインが発達したことにより、地方の学生も東京と同じ、もしくはよりレベルの高い環境で効率的な学習をすることが可能になりつつあります。
地方の方にも正しい勉強法を知ってもらい、一人でも多くの方に世界へと羽ばたける人材になってもらいたいです。

「社会で活躍できる人材を増やす」

以前もnoteに書きましたが、私は数学の独自勉強法により、中学1年の時にその年の最年少で数学オリンピックの予選を突破しました。

私はこの時、限られた時間で論理的思考能力を効率的に伸ばす勉強法を確立しました。この勉強法は、プログラミングなどにおいても汎用性が高く、それによって得た論理的思考能力は、社会に出た時にビジネスの現場でも活かすことができます。

私は大学在籍時からIT業界に長く関わってきましたが、ハイレベルなエンジニアの不足により、日本の競争力が大きく落ちていると感じてきました。
2030年にはハイレベルIT人材が80万人不足するとも言われ、これは高齢化社会へと突き進む日本において非常に重大な問題です。

オンライン指導では、受験までの目標設定と計画管理に主軸を置きつつ、数学では実際の問題を用いて、問題への取り組み方・脳の鍛え方を教えていきます。
私が多くの学生に勉強法を教えることで、学生の論理的思考能力を上げ、日本のエンジニア不足やAI人材不足を少しでも改善できればと思っています。

「オンライン環境の発達」

ここまでで書いたような背景から、以前から教育に大きな関心を持ち続け、大学の時には教員免許のための授業も受けていました(自分の思惑とは異なったため途中で断念)。

教員免許取得を途中でやめたのは、「なぜ予備校に行くべきでないかを東大卒が解説する」にも書いた「浪人時に宅浪を選択した理由」と同じで、集団での指導には非効率な部分が多く存在するためです。
しかし、1対1でのパーソナライズされた授業を行うのも、オフラインだと移動などに時間がかかるため限界があり、地方の学生に対して行うのは非現実的です。そこで、オンラインを活用しようと私は考えています。

ここ数年で、YouTubeをはじめとした動画サービスが急速に成長し、ほとんどの若者がインターネットを容易に使いこなすようになりました。また、スマホの普及で、いつでもどこでもオンライン通話が可能になり、画面共有も手軽に行うことができ、パーソナライズされた学習を提供する環境が整いました。

より多くの人に私の正しい勉強法を届ける環境が整った今だからこそ、本格的に指導を開始し、教育格差をなくすだけでなく、将来的にはハイレベル人材の輩出へとつなげていきたいと思います。

私が行うオンライン指導の詳細は、下記画像をクリックしてご覧ください。

画像1

こちらのnoteでも引き続き、ためになる情報を配信していく所存ですので、よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただくより、そのお金をお茶代に回してお茶でもできると嬉しいです。いろんな知見を貯めていきたいと思っています!

ありがとうございます!引き続き、タメになる情報発信に努めます!
10
デジタルズー代表。東京大学・大学院卒。現在はオンライン指導&システム開発を行なっています。塾に通わず、独自の勉強法で東大に合格した経験をもとに、noteでは大学受験やプログラミング関連の情報を発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。