見出し画像

“時代遅れ”のデザイン講義。本当の「やさしさ」とは? デザイナーがやるべきこと。

どうも、アトオシとデザイン(永井弘人)です!

突然ですが、“やさしさ”の概念はいろいろあります。

短期的にみる“やさしさ”か、長期的にみる“やさしさ”か。

僕の友人、A君としましょう。A君は小さな時から、家族の愛をたくさん受けてきた。「コレがほしい!」と言えば、コレを買ってもらい、「アレが食べたい!」と言えば、アレを食べさせてくれる家庭環境だった。

それが、20年つづいた。

さて、その後、A君の性格や「“自分が思い通りにならない時”の忍耐力・改善力」はどうなったでしょうか……?

はたまた、A君とは真逆、めちゃくちゃ厳しい家庭環境で育った人もいます。

はてさて、いろんな環境がある中。環境から人への接し方。

どれが、本当の“やさしさ”でしょう? んー……??

------------

仕事を受ける、「判断基準」。


私はデザイン専門学校で、講師をしています。「ユーム」という場で、週1回。

正直な話し、“仕事の収入面”だけで言ったら、“制作の仕事”をしていた方が稼ぐことができる。

しかし、講師は2013年からずっと続けています。んー、なぜだろう??


……こんな感じで、「仕事を受ける、判断基準」ってのは、「収入面」だけじゃなく、「貢献度合い」「自己投資」「やりがい」「快感」などなど、いろいろな理由があるわけです。

なんとなく想像がつくと思いますが、「『収入面』のみを最優先」して、「デザイン職」を選ぶ人はあまりいない(はず)。

「『収入面』以外」の「豊かさ」があるんじゃい!

------------

◎ デザイン専門学校で、「講師を続ける理由」。


……話しを戻しまして、私が「講師を続ける理由」は、「貢献」です。

◎ 講師を続ける、「貢献」の循環。

・ 001. 学生に、「プロのデザイナー力」をつける場を提供する。

・ 002. 力がついたデザイナーが、デザイン業界で「活躍」する。

・ 003. デザイン業界、日本に対する「貢献」となる。

・ 004. そして、本人たちも「豊か」になる。

→ 私自身もハッピー! → 001. に戻る……


……こんな感じ。そんでもって、「001.」が、「ユーム」という場です。

------------

◎ ユームメンバーに送った、「喝のスラック」。 


ただいま、デザイン専門学校は夏期休暇中。なので、「ユーム」授業もお休み。

しかし、間が空きすぎると、「デザイン思考」が身体が抜けきってしまうので、「自発的な課題」を出しました。

課題内容は、「『日常生活の事象』に対する『気づきを言語化』して発信」する。やる意図は、「独自性の視点・方向性を定めるディレクション力の強化」です。

通常は週1回発信にしてますが、夏はすこし間空けつつでもいいよ〜、と伝えました。

でもね。8月にはいって半月、誰もなんも発信してない……。

こいつぁ、マズイ! と、下記内容をスラックに送ったのです。部分的に改変あり!

(↓ ここから)
------------
------------

8月、半月以上経ちましたが、誰も「言語化の発信」をしていません。

ルールではないので、別にいいのですが、私が「不満・疑問」を感じていることは、率直に伝えておきます。

覚えておいてほしいこと。

日頃の自身の“行い・言動・態度・姿勢”により、対クライアントや上司に「不満・疑問」が蓄積された後、明確なミスをかましてしまった時、「取り返しのつかない怒り」が爆発してしまいます。

「プロのデザイナー」に向いているのは、「(わるい意味の)長いものに巻かれない、自分の意志で動ける人」です。

なかなかいないですよね。1割もいない。今の現役ユームでさえ、この状況です。半月経って、自発的に動いた人数 =「0人」。本当に残念……。

だから、“生き残る”のがむずかしいんです。“最低ライン”の真面目な態度や性格がいい奴、だけじゃ、生き残れない世界です。

「皆がやってないから、自分もまだ、やんなくていいか」と、意識的でも無意識でも、感じている人がいたら、そんな人は、あまりデザイナーに向いてないかも。

皆が“自分の意志”で場にいる以上は、忠告はします。

卒業時点で、皆に力がついてなかったら、外部の「プロのデザイナー」から見て、「頼りにならないヤツだな」と本心で思われたら、それは、すべて私の責任です。

---

◎ 「“デザイナー”がやるべきこと」とは?


(スラックの続き…… 〜中略〜 ……まだ続くんかい!)

「“最低限”のことをやるだけ」であれば、「“デザイナー”は必要とされません」。

最低限の衣食住を確保できれば、日本では生きていけます。“デザイナー”という職種がなくても成り立つんです。

じゃあ、その上で、「“デザイナー”がやるべきこと」って?

それは、あなたたち自身の目が見つけられる、「『未知の価値』を、『想像・創造』すること」です。

そのためには、当然、「自ら、真剣に考えて、自ら、動き続ける」覚悟と継続が必須。

「言われたことを、しょうがねぇなぁ、とそのままやる」のは、デザインでもなんでもありません。

人に喜んでいただく、自分が楽しむ。その方法は??

……それを自分で考え、提案し、実施できるのが、「プロのデザイナー」です。

だからこそ、「あなたにお願いしたい」という価値ができるし、交渉できるし、イキイキ生き続けられる、っちゅーことです。

卒業したら、私やユームなんかより、過酷な圧が山ほど待ってるかもしれません。諸々、楽しく乗り越えましょう。

それが、「成長」です。よろしくお願いします。


------------
------------
(↑ ここまで)

◎ “豊かさ”と、長期的な“やさしさ”と。


先にて伝えておくと、過去も現在も、ユームメンバーは最高だし、大好き!

しかーし、「良くない行動」を「いいね!」と褒めたり、「見て見ぬフリ」して放置するのは、僕ん中では“やさしさ”ではないのです。

“ブラック”だ“ホワイト”だ、いろんな例え言葉があれど、デザイン業界はまだまだ“グレー”が多いと感じます。いい面、よくない面もふくめ。


だからこそ、制作仕事とプライベートと睡眠時間をけずって、無償で、1円にもならないけど、上記みたいな長文スラックを打ち込み、未来の「プロのデザイナー」に、本心メッセージをガツンと伝えるのです。(このnoteもそうよ!)

そうだ。

これこそ、「“デザイナー”がやるべきこと」「『未知の価値』を、『想像・創造』すること」なのだ。

正直、「真剣に言葉を選んで叱る」より、「見て見ぬフリ」した方が超超超ラクだ。しかし、伝える。

なぜなら。

この「ユーム」がスタートする時。

「『プロのデザイナー』として、力がつく場にします」と約束したから。

---

新卒で就職したら、終わりじゃないのです。そっからが本当のスタートで、マジな力が試されます。

力とは、「心・技・体」。トータルで必要!

私の振る舞いが、本当の“やさしさ”だ! と言うつもりはないけれど、本心で覚悟を伝えるのは“責任”でしょう。

5年、10年経った時に、「あぁ、あの当時、くっそウッセェこと言ってくんなと思ったけど、あれは“長期的なやさしさ”だったんだなぁ……」なんて、ふと思ってくれれば、感無量!

いや、思わんでもいい!

あなたが、ちょっとでも「豊かに」過ごしていてくれれば!

------------
------------

……はい!

“合理さ”を求める時代からすると、8名(現在のユームメンバー)の少人数に向けて、シコシコと時間をかけたメッセージを届ける、なんてことは、“時代遅れ”かもしれない。

人と巡り合わせて、重なるのも何かの“縁”。

“時代遅れ”とか、“縁”とかを「意味ある必然」に変えていくのも「デザインの力」だと考えている。そうなのだ。僕は、デザイナーなのだ。

このnoteもそうだじょー! 画面の前のあなた! そうです、あなたです! 読んでくれて、ありがとうございます!!

ユームメンバーもありがとう!(発信先:noteTwitter

あぁ、美味しいジュース飲みたい! 氷おおめで、塩分をひとつまみ◎

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

テンキュー! アイム、アトオシ。メニーメニー、ハッピートゥゲザー!
111
グラフィックデザイナー。グッドデザイン賞受賞。アドビ公式講師、東デ講師。日本タイポ協会員。永井弘人。YouTube→bit.ly/2KHHgo1 著書「デザイナーになる!MdN」→https://amzn.to/367QBhD デザイン事例→https://atooshi.com

こちらでもピックアップされています

◎ 「日常とデザインを拡げる」雑文集
◎ 「日常とデザインを拡げる」雑文集
  • 121本

「デザインを身近に感じ、日常の中にデザインを取り入れたくなる」。そんな気持ちを後押しする雑文集。グラフィックデザイナーのリアルな日常を、フリートークでさらけ出します。ときに真面目に、たまにエロく、ほぼくだらない。

コメント (3)
その気持、届くことを願っております。というか、届いて欲しい。届け。届くべき。届かねば。
くいんさん、ありがとうございます! 届くまで、続けていれば、“必ず届く”ので、届くまで続けます。嬉しいメッセージ、心より感謝です!!
永井様

今、ちょっとした話題のローランドも続けていく事が何より大事だ!!と言っていました。ローランドの言葉に心を動かされると思っていませんでした。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。