見出し画像

「ロゴデザイン/メディア出演/講座」の仕事依頼を検討される方へ。「特長・費用感」のお話です!

はじめまして! グラフィックデザイナーの「アトオシとデザイン」です。

本noteでは、私のWebサイトからお問い合わせが多い、アトオシとデザインの「仕事内容」、ご依頼・ご相談時の参考になる「特長・費用感」をお伝えします!

【 本note:「アトオシとデザイン」仕事内容 】

・01. 「アトオシとデザイン」プロフィール
: 制作実績・賞歴・出演歴
・02. 「ロゴデザイン」依頼 : 特長・費用感
・03. 「メディア出演」依頼 : 特長・費用感(テレビ・ラジオ等)
・04. 「
講座・ワークショップ」依頼 : 特長・費用感
・ 05.  各ご依頼・ご相談を検討される方への“メッセージ”


------------
------------

【 01.  「アトオシとデザイン」プロフィール : 制作実績・賞歴・出演歴 】


アトオシとデザイン

グラフィックデザイナー
東京デザイナー学院講師
日本タイポグラフィ協会 正会員
アドビ主催オンラインセミナー講師

グッドデザイン賞受賞、日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク賞(部門最優秀賞)受賞・入選、東京TDC賞入選、日本パッケージデザイン大賞入選、他多数受賞。

著書「[新版] デザイナーになる!」(MdN)執筆・出版、「アドビ Adobe デザイン講座」講師担当「ラジオNIKKEI」コメンテーター出演、クリエイターマガジン「haconiwa」インタビュー出演、他多数出版・出演。

本名、永井弘人。東京都生まれ。明治大学・東京デザイナー学院卒業後、デザイン会社2社(広告代理店/ブランドコンサルティング)を経て、2011年にアトオシ設立。

「ロゴマークを軸とした展開。」というコンセプトにて、飲食店・物販店・医院・中小企業等、VI・CI・ブランディングを中心とした、グラフィックデザインを行っている。

また、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える。」をモットーに、デザインの新たな楽しみ方を、世の中に提案中。メディア出演・書籍執筆など、日常視点・笑い・ユーモアを絡めた活動を続けている。

画像32


---

◎ アトオシとデザイン:ロゴマーク・ブランディング・グラフィックデザイン_制作事例

画像1

画像2


* 上記以外の「デザイン・作品事例」は、上記の「PDF」または、「Kindle」、Webサイトロゴ一覧)にてご覧いただけます。

* また、モットーをふくめた自己紹介noteはこちら詳細プロフィールはこちら、デザイン関連の著書一覧はこちらにてご覧になれます。

------------
------------

【 02. 「ロゴデザイン」依頼 : 特長・費用感 


もっともご依頼が多いのが、私の一番の売り・強みでもある「ロゴデザイン」です。「開業・開店・起業、新規ブランド立ち上げ」などの際、必要な顔となるロゴ。

制作担当したロゴデザインは「グッドデザイン賞受賞」、「日本タイポグラフィ年鑑」への5年連続入選、ベストワーク賞(部門最優秀賞)受賞経験などがあります。

コンセプトや理念を視覚化させた「ロゴマーク」。価格競争からの脱却する、“長期的利益”を見込むデザイン

クライアントさんの想い・ビジョン、“目的を形にする”後押し。良質なロゴをご提案させていただきます。(* ロゴ制作事例の一覧はこちら

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19


---

【 ロゴデザイン : 費用感・納期の目安 】

【 ロゴデザイン : 費用感・納期の目安 】
(* すべて、ロゴデータ (Illustrator ai / jpg・png)納品費込み)

■「ロゴマーク」ディレクション費・デザイン費:
・ 298,000- 〜 338,000-

■「ロゴマーク」制作納期の目安:
・ 制作開始から、約30日〜60日後にデザイン決定・納品。
* 短納期希望の場合は、ご相談いただけると幸いです。

◎ ロゴデザイン_共通事項:

・ 初回提案時、5案以上をご提案させていただきます。
・ クライアント様の業態、使用用途等によって、金額は変動します。
・ 先約案件、調整回数等によって、納期は変動します。
・ コンペ・相見積のお仕事は、原則お受けいたしません。
・ 上記費用感は、予告なく変更する場合があり、すべて税別です。
・ 東京23区外での、直接のヒアリング・打合せ・ご提案は、別途交通費が必要となります。

* ご予算や依頼内容(カルチャー・エンタメ関連など)に応じた、「提案プランの調整」が可能な場合もございます。ご希望がございましたら、まずはお気軽にご相談いただけると幸いです。


「ロゴマーク制作」は、
01. ディレクション(リサーチ・コンセプト立案・進行管理)
02. デザイン(構成・フォルム・カラーの検証・制作)

……が具体的な業務内容となり、

・「全行程に必要な、全てのデザイン提供と工数」
・「納品後のデザインがもたらす付加価値」
・「今迄の実績数・ノウハウとなる経験値」
……をもとに見積内容を算出します。

(“デザイン費の算出方法詳細”を知りたい方は、こちらをご覧くださいませ)


---

【  ロゴデザイン : 特長・メリット 】

■ 01. 「初依頼・個の人」に向け、デザイン提供します。

私にご依頼いただく方は、“個人規模”の方も多く、「はじめて、デザインを取り入れる」方がほとんどです。プロへの初依頼もご安心ください!

画像20


■ 02. 「直接会って、ヒアリング・デザイン初回提案」をします。

クライアントさんの顔を見て、直接、想いを聞く。その想いを形にする。個と個の関係性も築く。それがロゴであり、デザインだと考えています。

* 東京23区外の方、お急ぎの方は、電話・スカイプ等での打合せ・ヒアリング・ご提案も可能です。ご希望の場合は、ご相談いただけると幸いです。

画像21


■ 03. 初回提案時、「5案以上のロゴデザインを提案」します。

コンセプトを立て、「本当に、この形・色・文字・表現がベストか?」…視覚的に複数検証を行った上、選抜し、ロゴデザインを提案します。

画像22


■ 04. 名刺・ショップカードなどの「展開ツールも制作」します。

印象統一、ブランディング。決定ロゴマークを軸に、「効果的な世界観をつくる、展開ツール制作」も対応可能です。(ロゴ制作費とは別途です)

画像23


■ 05. 「デザイン賞受賞・デザイン書籍掲載」の実績があります。

私とクライアントさんのロゴ制作事例は、受賞・掲載実績が多数あり、評価を得てきました。受賞・掲載ロゴを見て、“その企業を知った”“そのお店に訪れた”という声もたくさん聞きます。“正の循環”を築くメリットの1つです!

画像24

画像25


---

【  ロゴデザイン : 依頼・相談の「お問い合わせ」】


ロゴデザイン依頼の「お問い合わせ」は、下記リンク先のフォームより、「制作希望内容:お店・サービス・ブランドの「名称・特徴・参考URL」 / 納品希望日」をわかる範囲で入力の上、お気軽にお問い合わせください!

【 アトオシとデザイン:ロゴデザイン依頼・相談の「お問い合わせ」はこちら 】(* お急ぎの場合は、右記電話番号よりお問い合わせください。Tel. 03-6809-8115 (月~土 10:00~20:00))


------------
------------

【 03. 「メディア出演」依頼 : 特長・費用感(テレビ・ラジオ等) 】



【 「アトオシとデザイン」のメディア出演における、特長・メリット 】


グッドデザイン賞を受賞、デザイン入門書を執筆・出版した、現役グラフィックデザイナーの“視点・思考・技術”による、「“デザイナーではない人”に、(エンタメ化して)デザインを伝える」笑いやユーモアを絡めた、トーク・執筆ができます。

「アトオシとデザイン」が出演するメリットとして、例えば、親子の「“日常の視野”を広げる = より“豊かな生活”につなげていただく」。より多くの方に、「“今までにない視点”で、様々な事象に“興味”をもっていただく」。……などがあげられます。

特に、テレビディレクター、ラジオディレクター、放送作家の方からの出演依頼をお待ちしております!

画像34

画像35

画像33

画像34


---

【 メディア出演 : 費用感 】

【 メディア出演 : 費用感 】

「テレビ・ラジオのメディア出演」の費用感について、“人と世に貢献する”ため、私のモットー「“デザイナーではない人”にデザインを伝える。」に、すこしでも関連する内容であれば、現在、できる限りご予算にあわせて、出演させていただいております。

まずは、わかる範囲での「出演希望内容 / 出演(収録)希望日・場所」とあわせ、お気軽にお問い合わせください!


---

【 メディア出演 : できる「トーク・文章執筆」の具体例 】

【 メディア出演 : できる「トーク・文章執筆」 】

■ トーク:デザイン・グラフィックデザインの解説全般
■ 文章執筆:コラム・エッセイ等


* すべて、出版社より入門書の「執筆・出版依頼」、学校・企業から「授業・講座依頼」の実績あり

【 話せる・書ける、「デザイン関連内容」の具体例 】

■ 「デザイン・グラフィックデザインの知識、考え方、つくり方」 の解説。

「デザイナーの仕事・日常、デザイン業界・グラフィックデザイン業界」 の話し。

「デザイナー・グラフィックデザイナー」 あるある。

「デザイン会社・Macユーザー」 あるある。

【 解説できる、「グラフィックデザイン知識」の具体例 】

「デザイン思考」の知識。(“良いデザイン”をつくる流れ・考え方等)

「ロゴ・フォント・文字デザイン」の知識。

「紙の種類」の知識。(この紙は○○の印象を与える、等)

「レイアウト」の知識。(キレイなポスターをレイアウトするには?等)

「印刷加工」の知識。(この加工は○○の印象を与える、等)

「色」の知識。 (この色は○○の印象を与える、等)

「イラストレーター・フォトショップ」の知識。(パソコンのデザインソフト)

「写真の合成・補正」の知識。(人と物の合成写真・コラージュ作成等)

画像31

画像31


---

【 メディア出演 : 「このような出演依頼」をお待ちしています。例.01 】


“人と世に貢献する”ため、「このような出演依頼」をお待ちしています。例えば……

【 例.01 : 「このような出演依頼」をお待ちしています。 】

■ 出演依頼例 :
「こども(幼児〜小学生)・お母さん・お父さん向け」
Eテレ(NHK教育テレビジョン)


■ 出演内容 :
「見せ方・例え方の面白さ」を絡めた、ロゴ・看板・ポスターなど、「デザインの役割・意味・成り立ち」を伝える、“先生役”などでの番組出演。

■ 「アトオシとデザイン」が出演するメリット :
親子の「“日常の視野”を広げる = より“豊かな生活”につなげていただく」。

【 例.01 : 参考番組例 】

デザインあ: こどもたちの未来をハッピーにする、“デザイン的思考”を育む。

ごちそんぐDJ: ラップ曲にあわせて、料理の良さを伝える。

びじゅチューン!: アニメーション・歌にあわせて、アートの楽しさを伝える。

【 例.01 : 出演時、どのようなことをやるか? できるか? 】

・ 例 :
お店の看板に使われている「文字・書体」を、“擬人化”して紹介。

・ 例 :
映画告知ポスターの「色・レイアウト」を、“印象別に比較”して紹介。

画像26

(引用:NHK教育テレビジョン)


---

【 メディア出演 : 「このような仕事」をお待ちしています。例.02 】


“人と世に貢献する”ため、「このような出演依頼」をお待ちしています。例えば……

【 例.02 : 「このような出演依頼」をお待ちしています。 】

■ 出演依頼例 :
「大人(約25歳〜45歳の男女)向け」
TOKYO MX


■ 出演内容:
“真面目さ〜ユーモア”をまじえ、「話題ニュースをデザイン視点」で解説、または、「デザイン関連ニュース」を解説する、“コメンテーター”出演。

■ 「アトオシとデザイン」が出演するメリット :
 多くの方に、「“今までにない視点”で、様々な事象に“興味”をもっていただく」。

【 例.02 :参考番組例 】

 5時に夢中!: 女性のストレスを解消する“本音マル出し”ぶっちゃけワイドショー!!

 バラいろダンディ: オトナの夜のワイドショー!

・「AbemaNews:アベマニュース

【 例.02 : 出演時、どのようなことをやるか? できるか? 】

・ 例 :
「新番組や新ドラマのタイトルロゴ、告知ポスター」等のデザイン解説。

・ 例 :
「話題商品パッケージデザイン、オリンピック関連デザイン」等の解説。

画像27

(引用:東京メトロポリタンテレビジョン)


---

【 メディア出演 : 参考実績 】

【 メディア出演 : 参考実績 】

 アドビ Adobe 公式講座「デザイナーじゃないけど「いいデザイン」をつくりたい! ~そもそも“デザイン”ってなぁに??~」:
講師担当・登壇出演


 ラジオNIKKEI 第1「シューカツHANGOUT!」:
ゲスト・コメンテーター出演


 「女性クリエイター向けの情報マガジン 『haconiwa』」:
デザイナー・企画展インタビュー

・ 「女性クリエイター向けの情報マガジン 『haconiwa』」:
 著書「[新版] デザイナーになる!」インタビュー

・ 「クリエイターたちのポートフォリオ集 『ポートフォリオス』」:
 デザイナーインタビュー

・ 「ポータルメディア 『リノスタ』」:
企画展の記事紹介

・ 「デザインギャラリー 『ロゴストック』」 :
デザイナーインタビュー・記事紹介


---

【  メディア出演 : 依頼・相談の「お問い合わせ」】


メディア出演依頼の「お問い合わせ」は、下記リンク先のフォームより、「出演希望内容 / 出演(収録)希望日・場所」をわかる範囲で入力の上、お気軽にお問い合わせください!

【 アトオシとデザイン:メディア出演依頼・相談の「お問い合わせ」はこちら 】(* お急ぎの場合は、右記電話番号よりお問い合わせください。Tel. 03-6809-8115 (月~土 10:00~20:00))

------------
------------

04. 「講座・ワークショップ」依頼 : 特長・費用感


最近、増えてきているのが、企業や学校内、「デザイン研修などの企画・イベント」にて「デザインの話しをしてほしい」というご依頼です。

様々な“モノ・コト・シーン”への考え方、見え方の振り幅を広げるため。

やさしく、カジュアルに、親しみある場で「そもそも、デザインってどんなこと?」を知りたい。

“デザイン入門者・デザイナーではない人”向けに、「デザイン思考」を伝える「講座・ワークショップ」です!

画像3

画像4


---

【 講座・ワークショップ : 費用感 】

【 “デザイン思考”の「講座・ワークショップ」の「費用感」
(* すべて、スライド制作費・準備費込み)

---
■ 「講座(講演・セミナー)のみ」プラン:

・ 60分:118,000-
…講座にて「デザイン思考」を聞くプランです。

・ 90分:138,000-
…上記講座に加え、「質疑応答・持込作品への批評レビュー時間」を設けたプランです。

---
■ 「講座 + ワークショップ」プラン:

・ 120分:208,000-
…上記セミナーに加え、「デザインを意識・体感」する「ワークショップ」を行うプランです。

・ 150分:228,000-
…上記セミナー・ワークショップに加え、「質疑応答・持込作品への批評レビュー時間」を設けたプランです。

◎ 講座・ワークショップ_注意事項:

・ 開催場所は、「ご依頼主様の会社内・学校内、または、ご用意いただいた提供レンタルスペース」で行います。(アトオシ側での開催場所の用意は行っておりません)

・ 講座は「スライド投影環境」、ワークショップは「ラフを描ける机・参加者用の筆記用具・貼り出せる壁(ホワイトボード等)」が必要環境となります。

・ 講座・ワークショップの「参加者人数」の下限〜上限はございません。(50名強など、大人数の場合はご相談ください)

・ 上記費用感は、予告なく変更する場合があり、すべて税別です。

・ 「参加者人数(講座・ワークショップ)・開催場所・詳細希望・事前打ち合わせ希望」等によって、費用感は変動します。また、東京23区外での事前打ち合わせ・実施開催は、別途交通費が必要となります。

* ご予算や講座内容(学生向け・社会貢献度が大きい等)に応じた、「プランの調整」が可能な場合もございます。ご希望がございましたら、まずはお気軽にご相談いただけると幸いです。


---

【 講座・ワークショップ : 目的 】

【 “デザイン思考”の「講座・ワークショップ」の「目的」

■ 「へぇー! こうやって、人に“伝える・伝わる”『デザイン』をつくるんだ!」
……という「デザイン思考」を、講座・ワークッショップで知り、体感する。

■ 講座・ワークッショップで得た「デザイン思考」と視野を、自らの仕事・プライベートに生かし、より豊かな日常を過ごしていただく。


なかなか、現役グラフィックデザイナーから、デザインの考え方やデザイン構築の進め方を、“直接”聞く機会はないと思います。

オススメ対象である“デザイン入門者・デザイナーではない方”をはじめ、現役デザイナーさん、学生さんも喜んで承ります!

---

【 講座 : 話す・伝える内容 】

【 “デザイン思考の「講座で「話す・伝える内容」 】

---
■ 「デザインを知る」

そもそも、「デザイン」ってなんだろう?
・ デザインの「役割・効果」ってなんだろう?
「いいデザイン」ってなんだろう?
「デザインをつくる流れ」を解説・紹介!
各段階の「意図・意識」していることとは?

---
■ 「デザインを聞く」

・ デザインにまつわる、“派生した話し”
“デザイン仕事”って、どこからくるの?
“振り幅のある発想”は、どこからくるの?
・ デザイナーの“姿勢”、大事にしていること。
・ 今後のデザイン・デザイナーの“付加価値”とは? …など


やはり、一番求められるのは、「そもそも、『デザイン』ってなんだろう?」「どうやって、『デザイン』ってつくられるの?」という話し。

現役デザイナーゆえ、かつ、個人の方々とデザイン構築する、リアルな視点で「デザイン思考」をお伝えします!

画像5

画像6

画像7

画像8


------------

【 ワークショップ : 行う内容 】

【 “デザイン思考の「ワークショップ」で「行う内容」 】

---
■ 「デザインを意識する」

・ 既存ロゴデザインの「印象・理由」を考える。
・ 向き合う、考える、「言葉に起こす」
・ 参加者通しで「ディスカッション」する。
・ まとめた考えを発表し、「人に伝える」

---
■ 「デザインを体感する」

・ 友人、知人の「名前ロゴ」をつくる。
「クライアントリサーチ」を行う。
「コンセプト」を立てる。
「デザインリサーチ」を行う。
「ロゴのラフ」を描く。
・ ロゴの「批評・レビュー」を行う。 


ワークショップでは、参加者の方に「実際に手を動かして」いただき、頭と身体をつかって、「デザインを意識・体感」していただきます。

もちろん、絵がうまくない! という方でも、まったく問題ありません! 私も声をかけながら、進めていくのでご安心ください◎

画像9

画像10

画像11

画像12


------------

【 講座・ワークショップ : 参考実績 】

【 講座・ワークショップ : 参考実績 】

参考例として、「デザイン関連内外の会社や学校」など、幅広い方々より、ご依頼いただいた実績があります。(下記は一例です!)

・ アドビ Adobe 公式講座「デザイナーじゃないけど「いいデザイン」をつくりたい!~そもそも“デザイン”ってなぁに??~」:講師担当、出演・登壇。

 ロフトワーク主催Re:Delicious! おいしいをアップデートするデザイン」 :セミナー・講演、出演・登壇。

 株式会社イノベーター・ジャパン主催『“今、デザイナーではない人” に、デザインを伝える。』 裏! デザイナーになる。」:講座・ワークショップ、出演・登壇。

 デザイン専門学校 東京デザイナー学院デザイン構築の流れ・デザイナーの姿勢」:セミナー・講演、出演・登壇。

 東京都内ITベンダー社主催 企業研修人に“伝える・伝わる”デザインとは?」 :セミナー・ワークショップ、出演・登壇。


---

【 講演・ワークショップ : 依頼・相談の「お問い合わせ」 】

講座・ワークショップの「お問い合わせ」は、下記リンク先のフォームより、「希望内容 / 実施希望日・場所 / 予定人数」をわかる範囲で入力の上、お気軽にお問い合わせください!

【 アトオシとデザイン:講座・ワークショップ、依頼・相談の「お問い合わせ」はこちら 】(* お急ぎの場合は、右記電話番号よりお問い合わせください。Tel. 03-6809-8115 (月~土 10:00~20:00))

------------
------------

【 05. 各ご依頼・ご相談を検討される方への“メッセージ” 】



毎日を過ごすことになる、家の購入。一生の想い出となる、結婚式までの準備。

少し大げさかもしれませんが、「デザインを取り入れる」ことは、そのようなシーンに近いと私は考えます。つまり、それぐらい重要で、それぐらい楽しく、ドキドキワクワクすること。

なにより、「生活をより豊かにする」こと。

ありがたいことに近年は、様々な分野の方から、お声かけいただく機会が増えてまいりました。「はじめて、デザインを取り入れる」方たちがそのほとんどです。

人に近い、良質なデザインで。より多くの喜びを生み出せるよう。これからも、アトオシは真摯に取り組んでいきます。

画像33


---

デザインを取り入れることで、こうなったらいいな、と思うことがありますか?

その思いをヒアリングさせていただくだけでも、貴重な財産です。どうぞ、不明点などもあわせ、こちらのフォームより、お気軽にお声かけください。

* 「ロゴデザイン / メディア出演 / 講座・ワークショップ」ともに、先約いただいたクライアント様を優先しております。ご予算・納期など、柔軟に対応させていただいておりますが、予めご了承いただけると幸いです。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


---

ディレクター / グラフィックデザイナー
アトオシとデザイン

・ 制作事例サイト
Twitter
YouTube
Pinterest
Instagram

Amazon Kindle 著書一覧
・ 著書「『デザイナーではない人』にデザインを伝える本」(Kindle)
・ 著書「[新版]デザイナーになる! 伝えるレイアウト・色・文字の大切な基本と生かし方」(MdN)

------------
------------


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

未来から来た者です。今押したスキ、素敵な未来につながる。感謝です!
47
グラフィックデザイナー。グッドデザイン賞受賞。アドビ公式講師、東デ講師。日本タイポ協会員。永井弘人。YouTube→bit.ly/2KHHgo1 著書「デザイナーになる!MdN」→https://amzn.to/367QBhD デザイン事例→https://atooshi.com

この記事が入っているマガジン

◎ クライアントの声、ロゴと想いのストーリー。
◎ クライアントの声、ロゴと想いのストーリー。
  • 20本

ロゴデザイン・ブランディングによって、“個の人”が、こうなったらいいな、と思うことを形にする。目的達成の後押しとなる。屋号である「アトオシ」は、私の理念です。 「“クライアント”の声が聞こえ、デザインへの想いを書いたnote記事」を本マガジンにまとめました。 デザイン依頼やご相談前の参考に、お読みいただけると幸いです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。