見出し画像

想いを発信することの意味

こんにちは。大登(ヒロト)です。
ぼくは今年2020年の4月から渋谷のITベンチャー企業で働き始めた新卒社員です。
そんなぼくですが、入社してからも本業とはべつで、個人の価値観や想いを発信する活動をコツコツ続けてきました。

このnoteは、

・「何か自分の価値観を発信したいけど、何から始めればよいかわからない…」
・「そもそも自分の想いを発信することにどういう意味やメリットがあるの?」
・「発信はしてるけど、ちゃんと誰かに想いが届いているか不安…」

という方に向けて書いていこうと思います。

今回、このnoteを書こうと思ったきっかけは、ぼく自身の活動の見直しと改善をしたいと思ったからです。
ある意味決意表明に近いですね笑

誰もが情報や想いを気軽に発信することができるようになった今日では、ただ「知っていること」や「想ったこと」を描き並べているだけでは埋もれてしまうな。
と、ここ最近感じるようになりました。

「発信しない」よりは「発信する」方が良い。
けど、「ただ発信するだけ」では誰の目にも届かず自己満足で終わってしまう、のが今の世の中です。

発信することの意味を正しく理解し、
手軽に始められる発信の仕方を学びながら、
どうすれば自分の想いを"届けたい相手"に届けることができるのか。
一緒に考えていきましょう。

(長いので読みたい部分だけ読んでもらった方が良いかもしれません。笑)

気軽に発信するならTwitter。ただしコツがいる。

まず、発信力を付けるために何から始めれば良いかわからない方にオススメするのが"Twitter"です。

"Twitter"は1投稿140字という制約があるので、その分、長く上手い文章を書く必要がないので、文章力が現時点であまりない方でもそれなりに発信できます。

まずは1日2,3投稿を目安に始めてみましょう。

ただ、Twitterでせっかくつぶやいてもまったくリアクション(いいね)がないと辛いですよね。笑
Twitterでいいねをもらうためにはコツがいります。

それは"Twitterのアルゴリズムを知ること"です。
実は、Twitterは全ユーザーのツイートを平等に表示しているわけではありません。
Twitterではより活動的なユーザーがオススメ表示されやすいという性質があります。
そのため、とにかくTwitterに活動的とみなされる必要があるのです。

自分自身のツイートは1日2,3投稿で良いですが、そのツイートでたくさんの反応をもらいたい場合は、
・とにかく人のツイートをいいねしまくる
・フォロワーさんのツイートにリプしまくる
ことを意識しましょう。
個人的には1日20投稿するよりも1日に20人の方に絡んだ方がTwitterでは効果が高いと感じています。

また、ツイートは130~140字の間で書いたほうが反応される確率が高いそうです。

長く書く必要はなし。noteで日々の振り返り。

次にご紹介する発信ツールは、今僕が書いているnoteです。

最近ではかなり多くの方がnoteを使って発信をされています。
最近発表された情報では、月間のアクティブユーザーはなんと6300万人もいらっしゃるそうです。驚きですね。

noteはTwitterと違って長い文章を書かなければいけないのでは?と感じられる方もいるかもしれませんが、実はまったくそんな必要はありません。

例えば、「発信 意味」でググって出てきたこちらのnote👇

最後の方の引用などを除くと本文自体は600字そこそこでした。

600字くらいの長さのnoteでもうまく書くことが出来ていると検索結果の上位10位以内に入ることも可能です。
(実際こちらの記事は「発信 意味」で7位に表示されていました。(2020年7月12日現在))

noteの場合は、個人のメモ代わりとして使う方も多いのでブログのように力まずに書いていってみて下さい。

ネタに困ったら??

大前提、Twitterもnoteも頑張りすぎないことが大切です。
最初から頑張って時間をかけて発信しすぎると、必ずどこかでバテます。バテない人は尊敬します。

ただ、ゆる~くやっていても発信するネタに困ることも結構あります。笑

もし発信ネタに困ったら、僕がよくやっているネタ探しの方法を実践してみて下さい。笑

・「名言 ポジティブ」、「名言 ためになる」などでググる
・尊敬する方のツイートやnoteから発想を得る
・内容は同じだけど、時系列をずらして発信
・過去のツイートやnoteをリライト
・日常過ごす中でネタを見つけたらすぐメモ

あとは、とにかくインプット量を増やすことが大切です。
アウトプットは大切ですが、インプットしたことしか基本的にアウトプットできません。

読書する、Newsに毎日目を通す、などの習慣を身に着けていくことは必須と言えるでしょう。

そもそも発信することに何の意味があるの?

ここまでにTwitterやnoteでの発信の仕方について話してきました。

けど、そもそも発信することに何の意味があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方はそもそもここまで読んでくれていないか、構成ミスった、と今思いましたがお許しください。

早速ですが、発信することの意味は大きく内面的な価値と対外的な価値があると考えています。
それぞれ、

【内面的な価値】
・学びの振り返り
・自己理解に繋がる
・表現力が身につく
・戦略的にやればマーケティングスキルが身につく
【対外的な価値】
・ファン、繋がりができる
・組織に依存しない個として生きていける力が身につく
・極めれば収入源になる可能性も

といった感じです。

実際、僕もTwitterを今年の4月後半から始めて現在約2ヶ月半ですが、フォロワー数1200近いアカウントにまで成長することができました。
目指せ万アカの気持ちでコツコツ頑張っています。

現在の僕のツイート平均いいね数は30~40くらいなので、万アカになったら250~330のいいねが付くことになります。

つまりそれだけの方に自分の発信が必ず見られるので、影響力半端ないです。(語彙力)

また、Twitter上でやりとりをした方と実際に会うこともちょくちょくやっています。
コミュニケーションの輪をリアルにまで広げて日常に彩りを与えてもらうこともできるのがTwitterの良いところだと思います。
(まだの方はぜひフォローしてください👇仲良くしましょう!!)


"届けたい相手"に想いを届ける方法

「価値観を発信する意味はわかった。
けど、自分なんかが発信したところで見てもらえないよ。。。」

という方に向けて、最後に
"どうやったら価値観を届けたい相手に届けることができるか"
について書いていこうと思います。

Twitterの場合はとにかくエンゲージメント率を高く保ってフォロワー数を増やすことが大事です。
そのへんについてのnoteはたくさん人気ツイッタラーの方々が書いてくださっているので、参考にしてみて下さい。

ただ、個人的にはとにかくフォローしまくってフォロバ(フォローバック)を前提に考えた動きはエンゲージメント率が下がるのであまりオススメはしません。

理想状態はフォローしなくてもフォローされることだと感じています。(なかなか難しいですが、、、)

ここでは、noteで発信する時にとにかく人から見られるようになる方法についてご説明していきます。

その方法は、
"SEOを意識した内容を書く"
です。

"SEO"というのは
Search Engine Optimization
の略で、検索エンジン最適化という意味です。

だからなんやねんそれ、って感じですよね笑
わかりやすく言うと、"Googleで検索した時に上位表示されるようにすること"です。

ググるときって、せいぜい検索結果の上2、3個のサイトしか見ないですよね?
なので、自分が書いたnoteをググられたときに、上位表示されるように書く必要があります。

そのためにはGoogle様に評価していただく必要があります。
どういうサイトがGoogle様に評価していただけるかは、『Googleが掲げる10の事実』を見てみてください。

これに沿って、しっかりGoogleに媚びt、いや、評価されるような文章をかく努力をしましょう。

Googleは検索ユーザーが求める結果をしっかり提示しているサイトを上位表示します。
そのため、まずはどの検索ワードで上位表示するのがベストなのかを考え、
その検索ワードを検索するユーザーが求める答えをしっかり提示し、満足させる文章を書きましょう。

以下は、僕が読んでいる『沈黙のWebライティング』の第3章"エモーショナルライティング"のまとめです。
感情を宿す文章を書くことでユーザーからの共感を得るコツが書いてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

◼感情を宿すための3つのポイント
①感情表現を入れ、自分ごと化による"共感"を誘発する
②伝えたいことがきちんと伝わるよう、"見やすさ"や"わかりやすさ"にこだわる
③ファーストビュー(冒頭文)で、伝えたいことをまとめる

▼①について
共感を得るために、
Ⅰ)どこが感情表現なのか、わかりやすい演出を行う
・「」『』などで括る
・"!"や"・・・"などの感嘆符を付ける
など
Ⅱ)"感情の発信者"を明らかにする
誰が発信した感情かがわからないと読み手は共感しづらい
話者がどういう人間かを最初に伝える
(参考)カクテルパーティー効果
お酒の関でたくさんの人が談笑していたとしても、自分が興味のある話や聞き覚えのある話に関しては自然と耳に入ってくる現象
⇒文章内にも共感ポイントを多く配置しておく。

▼②について
文章を読んでもらうために重要な3つのこと
Ⅰ)読み手にとって"自分ごと"になる感情や情報を取り上げる
Ⅱ)思わず読み進めたくなるように、"適度な興奮"を感じさせる
Ⅲ)読み手の脳の負担を減らす
Ⅲ)について
脳は2つの思考で情報を処理する。(『ファスト&スロー』by ダニエル・カーネマン)
 ・システム1:直感的(無意識的)思考 高速で動く思考
 ・システム2:論理的(意識的)思考 ゆっくり動く思考
つまり、
"読み手の脳の負担を減らす文章"="システム1・2に配慮された文章"
⇒・心理的負担が下がるくらいに見やすい文章
 ・論理的にわかりやすい文章

▼「心理的負担が下がるくらいに見やすい文章」の書き方
ⅰ)改行と行間に気を配り、心地よいリズムを意識する
 →サイトの滞在時間に大きく影響
ⅱ)漢字とひらがなの含有率を調整
 →漢字の割合が多いとパッとみただけでは難解に捉えられる可能性が高い
  ひらがなが多いほうが優しい印象を相手にあたえる。
ⅲ)「この」「あの」「その」などの指示代名詞を減らす
 →文章の途中から読んでも内容がわかるように
  ただし、指示代名詞は文章のリズムを作る上では大事な要素なので、不自然にならない程度に削る
ⅳ)箇条書きを使い、要点を整理
 →情報の総数が決まっている場合は頭に”数字”を用い、決まっていない場合は点などを用いる
ⅴ)情報をカテゴライズして整理
 →目次などでどこに何があるかを把握しやすくするなど
ⅵ)いらない言葉や表現はカットし、1文や全体を短くする
ⅶ)感情表現
 →記事に感情表現を入れる場合は、できるだけ冒頭に入れるようにする
 (そうでないと読んてもらえない)
ⅷ)文字のサイズや色、強調のルールに気を配る
 ー フォントの視認性
 ー 文字のサイズ
 ー 文字の強調におけるルールの統一
 ー 文字の色と背景のコントラスト
ⅸ)区切り線や記号、写真やイラストを使う
ⅹ)マンガ的な演出を意識
 →マンガというジャンルを読みづらいと感じる人はほぼいない
  マンガの吹き出しを意識した演出などを戦略的に用いる

▼「論理的にわかりやすい文章」の書き方
ⅰ)相手がわからない言葉を使わない
 (参考)共起語:あるテーマについて語る際、自然と会話に登場しやすい言葉のこと
   →共起語が入っている文章はSEOにおいて評価されやすい
ⅱ)相手が"何に対して"疑問を持っているのかを察する
ⅲ)「なぜ?」に対する「理由」を導くための十分な「根拠」を持っている
 論理的な文章を構成する3つの要素
  『主張(結論)』→『理由』→『根拠』
 +相手の反論に先回りして反論しておく

▼③について
冒頭で意識すべき5つのポイント
Ⅰ)記事の更新日を記載
 →情報を求める人のほとんどが"新しい情報"を求めるため
Ⅱ)記事が"誰に向けて"書かれた記事なのかを書き、読み手の"自分ごと化"を強める
Ⅲ)記事に書かれている内容を簡潔に要約
 →自分が読み手になったときのことを想像してみて、
  「どんな情報があれば嬉しいか」を考え抜く
Ⅳ)記事にどんな情報が書かれているのかわかるように「目次」を設置
Ⅴ)話者を明らかにし、読み手が書き手の感情に"共感"しやすい状態をつくる

少しでも多くの人たちに、しっかり自分の価値観・知識を届けていけるような人間になっていこうと思います。

ともに頑張りましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

高橋 大登


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!あなたのような素敵な人間を僕も目指します!
8
株式会社ウィルゲート2020年入社 マーケティング本部インサイドセールスユニット所属 入社したてで、いろいろ勉強中です。 日々、感じたことや学んだことを、アウトプットがてらツラツラ書いていきます。
コメント (1)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。