見出し画像

幻想を解く本音トーク 『誤解だらけの人工知能』

本稿は光文社のサイト「本がすき。」に5月29日に寄稿したレビューです。編集部のご厚意でnoteにも転載しています。

副題にある「ディープラーニングの限界と可能性」についての対話を中心とした、手軽に読める格好の入門書だ。
特に「限界」についての専門家による明け透けな本音トークは、巷にあふれる「ディープラーニング万能論」や「人工知能脅威論」がいかに陳腐で安易か、具体例を挙げて指摘する痛快な読み味がある。

『誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性』光文社新書
田中潤・松本健太郎/著

音声認識エンジンという先端分野の研究開発者である田中潤氏を「専門家役」に据え、データサイエンスと人工知能について幅広いバックグラウンドを持つ松本健太郎氏があえて「素人役」になりすまして素朴な質問をぶつけるという形式が、うまい。
この構成が、読みやすさと一般読者のかゆいところに手が届く内容を引き出す効果を上げている。

人工知能という言葉には、「人間のように考え、答えを導き出す脳のシミュレーター」というイメージがつきやすい。
現実のディープラーニングは、強力なマシンパワーで膨大なデータを処理し、「特定のパターンを見つけ出す」という能力で突出した成果を上げているコンピューターシステムの一種に過ぎない。

そんなものを「知能」と呼べるのか、という哲学的な問いは、冒頭でバッサリと切り捨てられる。「ディープラーニングはただのプログラムにすぎない」という意見に対して、田中氏が「自我の有無と知能の定義は関係ない」「むしろ自我があるから人間はバカな振る舞いをしてしまうのではないか」と語る部分には声をあげて笑ってしまった。

そんな文系好みの哲学論争は軽やかにスルーして、中盤から後半にかけては、ディープラーニングがこれからどんなプロセスで人間社会に実装されていくのか、段階的なプロセスをたどって丁寧に予想が示される。
この部分は、極めて納得感が強い。世間の過大な幻想と誤解が、地に足の付いた対話によって解かれていく。

画像の分析・分類で威力を発揮するディープラーニングは、「コンピューター・機械が『目』を持った」という意味では、生物のカンブリア大爆発に相当する進化をもたらす可能性を秘める。
一方で、今の人工知能は「目が開いたばかりの赤ん坊」のようなもので、世界を理解する枠組みや「常識」を身につけるためには、まだいくつもの技術的なブレイクスルーが必要だ。

人工知能論は知的刺激に満ちており、イノベーションとしても要注目なのは間違いない。だが、幻想に踊らされて浮足立つのは時間と労力の無駄だ。まずはこの1冊をじっくり読んで、人工知能の「現在地」と少し先の未来の道筋を整理してみてはどうか。

=========
ご愛読ありがとうございます。
新連載「読解力をつけるには『書く』しかない!」やってます。ぜひこちらからマガジンのフォローを。

新規投稿はツイートでお知らせします。アカウントはこちらです。
異色の経済青春小説「おカネの教室」もよろしくお願いします。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

無料投稿へのサポートは右から左に「国境なき医師団」に寄付いたします。著者本人への一番のサポートは「スキ」と「拡散」でございます。著書を読んでいただけたら、もっと嬉しゅうございます。

Many Many Thanks !!
19
5万部超の経済青春小説「おカネの教室」を書いた人。記者歴20年超の三姉妹のお父さん。新潮社フォーサイトで「独選『大人の必読マンガ』案内」連載中。ツイッターもやってます→ https://twitter.com/hiro_takai 取材等の問い合わせはツイッターでお気軽に。

こちらでもピックアップされています

私の光文社新書
私の光文社新書
  • 77本

どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。