【書籍レビュー】ジョブ理論
見出し画像

【書籍レビュー】ジョブ理論

田邊啓晃(Hiroaki Tanabe)

様々なおすすめ書籍ランキングで見かけていた本書「ジョブ理論」ですが、なかなか手を出せずにいた。*特に理由はない

そんな中、先月やっと手に取る機会があり、読み終えた後の興奮が冷めないうちに、是非皆さんに感想をお届けしたい。

まず本書をわかりやすく図解されていた、ピクルス / マーケターのバディさんのツイートを引用。

体系的に本書を解説されており、まずは上記で内容を理解→本書を読み進めると効率的かと。

本書の感想

本書では「どんなジョブを片付けたくて、あなたはそのプロダクトを雇用するのか」という視点について深く解説されている。

私も最初はしっくりこなかったが、読み進めるうちによく理解できた。

「ニーズ」と「ジョブ」は違うものであり、顧客は何かしらのジョブを解決するために、何かを雇用(購入)する。

マーケティングの場面のみならず、日常生活でも大いに役立つ「ジョブ視点」は必ず身につけておきたい。

ちなみに現在再読中です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田邊啓晃(Hiroaki Tanabe)
高校卒業後アメリカへ渡り4年生大学を卒業し日本へ帰国。現在は広告代理店に勤務しつつ、個人でマーケティング支援等を行いながらスキルを磨き中。趣味は筋トレと読書です。