見出し画像

2018年に買って良かったもの10個

今年買って良かったアイテム、本、機器、サービスを良かった順に10個振り返りました。今年は全然家具家電買わなかったので節約できてる気がする(?)

JBLのBluetoothスピーカー

宅飲みやアウトドアで大活躍します。小さくて価格も手頃なのに低音がめっちゃ良く出るのがポイント。あと電池が結構もつ。

本:エディアカラ紀・カンブリア紀の生物

奇天烈な生物が大量に載っててテンション上がります(エディアカラ〜カンブリア紀の生物はその後の大絶滅で種が激減しているので、現代の生物と関連がない種が沢山いる)。また、数億年前の生物をどんな痕跡からどのように形態推測するのか?という話もめちゃくちゃ面白い。


instantfunkのプルオーバーシャツ

今年は服めっちゃ買った結果、服めっちゃ買う必要はないな・・そんな着ないし・・ということを学んだんですが、その中でもソウルのブランドinstantfunkのシャツが良かったです。

kimmsujinのキーホルダー

展示で買ったんですが小物で一番良かったです。イラストもめっちゃ良い


本:線文字Bの解読

アルファベット以前の欧州の文字は記録に乏しく言語自体も定かではないものが結構あるそうで、その中でも重要性の高い文字が解読された経緯を追った本です。

解読の経緯自体も滅茶苦茶面白いですが、人類が生きた証がどう残りどう残らないのか、その後のアルファベット誕生後文明発達とホメロスの詩を軸とした「欧州人としての自覚」の誕生など(このへんは本にはあんま出てこないけど)、やはり文明とは文字であり文字が担った役割の巨大さにあてられるみたいな経験ができて良いです。

科学ドキュメンタリー本の「暗号解読」が好きな人にもおすすめ。

Adidas x Pharrell NMD

普通に汚れやすいので履く時を選ぶけど・・・めっちゃ良いです。全身コンサバな感じにしてスニーカーだけこれにするのが最近僕の中で流行ってます


Freeletics bodyweightとトレーニングマット

今年後半はfreeletics bodyweightというApp/サービスで筋トレしてました。自分の限界に合わせて、ギリ限界超えてくるプランを自動分析して提示してくれるので追い込まれたいタイプの性格の人にはすごいおすすめです。「これさえやっておけば大丈夫」という安心感がすごい。年間subscriptionで1万円くらい。

安心感があると途中で投げ出さずに続けるモチベーションにもなるし、実際結果も出るからいいですね。あと家でちゃんと筋トレするにはマットが必須ですが安いやつ適当に買って使えばOKです。


Panasonicのミラーレス一眼 GX7MK3

よく旅行に行くので夜でも綺麗に撮れてブレにくいカメラを買いました。Leicaのミラーレス用レンズをPanasonicが作ってて(?)お気に入りなので、それが使えるPanasonicのボディです。こんな感じ:

ヘッドホン MDR-7520

MDR-7506ずっと使ってたんですがさすがに制作用モニタじゃないしモニタースピーカーのGENELECとの差が激しすぎるので買いました。フラットで滅茶苦茶いい。あと10年くらいはこれでよさそう・・。ただパッドが消耗した時に交換で1万くらいかかるのが難点です。

AKAI Professional 16Pad

鍵盤以外にも道具持っとこうと思って買ったんですがビート制作がかなり捗ります。やっぱり道具があると全然違う。

次点 iMac 5K

スペック高くて制作上何も困らなくなったのはめっちゃいいんだけど、前の普通の27inch液晶で十分だったのでいたずらに高かった・・・。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
音楽作家, 外資IT, マーケティング/営業
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。