見出し画像

もしも貯金ゼロからセミリタイアを目指すとしたらどうするか?

複利のチカラで億り人のひろめです。

先日、米国株ニュースレターの読者さんから次のような熱いメッセージをもらったので回答したいと思います。

はじめまして。ブログの記事で大変勉強させていただいています。有益な情報を記事にしていただきありがとうございます。

現在私は、29歳です。10年程でアーリーリタイヤをしたいと思っていますが、資産は200万程しかなくここから突き上げていきたいなと考えています。

本当はもっとあったのですが、結婚をしていて妻子供に出て行かれたショックとトラブルにより色々お金を消費してしまいました。

アーリーリタイヤの具体目標は、年300万円の配当金です。

現在仕事は色々な環境悪化により失ってしまいましたが、リタイヤまでは当然ですが働く予定です。

本気でアーリーリタイヤのために投資をしようと始めにFXを始めましたが、ギャンブル性が高くこれは方法が間違っているのでは?と思いバリュー投資やETFなどを調べてこのブログにたどり着きました。

株についてはまだまだ知識が足りてなく教えてくれる人もいないので、これから長い時間投資をするにあたりどんな方法で行っていこうか悩みに悩んでいるところです。

ただ10年でリタイヤというとETFでは弱いのかなと浅い知識ながら思っているところで、ウォーレンバフェットのように、個別株のバリュー株保有なら差益もプラスして10年でいけるのかも?というところが未だ見えていません。

それでいけるかもしれないのであれば、ひろめさんのブログがかなり近しいので徹底的に手法を絞って勉強させていただくつもりです。ただ本当にそこに辿りつけるのかどうかという確信が自分の中で拾えず、毎日悩んでいます。

本も読ませて頂いたのですが、自分の咀嚼の仕方が下手くそでその辺りが見えてきませんでした。

そこで、無知な私に是非ヒントをいただけたらと思います。
人生を変えたいのです。よろしくお願いします。

こちらの質問は事前にnoteで公開していいか確認してOKをもらいました。

その際、返信メールに私の著書を読んで無形資産の大切さに気付き、ブログを始めたことも一緒に書かれてました。

せっかくなのでブログURLを聞いたところ、教えてもらえたのでリンク貼っておきます。

自分の書いた文章で行動を起こす人がいてくれるというのは本当にうれしいことです。

是非とも応援したいので、ここから気合い入れて回答します。

もし貯金ゼロから10年でセミリタイアを目指すとしたら、自分ならこうする!という考えがあるので、それについてお話しますね。

最短でアーリーリタイアするための心構え

貯金200万円から10年で年間配当300万円を実現するには、給料だけの入金力では厳しいです。

結論としては時給労働ではなく、収入が青天井の副業(個人事業)が必須になります。

安定したアーリーリタイア生活を実現するのに重要なのは、自分の興味があること、適性があることを見つけて実力をつけることが最も再現性の高い方法だと確信しています。

副業をするにしても目先の小銭を追うのではなく、実力をつけて社会に価値提供できるようになることを最優先に行動してみてください。

お金を手に入れるのに必要な時間というのは、物理的なことだけを考えると自分の銀行口座に振り込まれればいいだけなので1億でも2億でも一瞬です。

一方、実力やスキルを身に付けるのは若ければ若いほど有利で、どんなにお金を積んでも時間が必要になります。

要するに、実力があればお金は後からいくらでも取り返すことができます。対して若いときの時間はどんなにお金があっても取り戻すことはできません。

今は無職状態ということで、時間があると思いますから最高の環境です。

iPS細胞研究所の山中伸弥教授は近畿大学の卒業式で「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」という中国のことわざが大好きだと語っています。

これは「一見、悪い出来事のように思えても後から振り返れば実はいい出来事もあるし、最初はいい出来事のように思っても実は悪い結果につながることがある」という意味のことわざです。

確かに今はつらい状況に感じるかもしれません。ですが客観的に見ると「まだ20代&時間を時給労働に奪われない状況」というのはかなりラッキーだと思います。

ただ、ここで注意しておきたいことが副業を始めても、その挑戦の95%は稼げるようになりません。でもそれでいいのです。

なぜなら、その過程で得られる失敗の経験によって成長できるからです。

元サッカー日本代表の本田圭佑選手の言葉で「成功を追うな。成長を追え。」という言葉があります。

「実力があるから結果が出る」のであって「結果が出たから実力がつく」わけではないのです。

気持ちの焦りから短期的な目先の結果を追いたくなる気持ちはすごくよく分かります。でもそれだとコスパが悪くなって、結局は余計遠回りすることになってしまいます。

こちらの記事に書かれていることが副業成功の大きなヒントになると思うので、ぜひ読んで見てください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
著書『バリュー投資家のための「米国株」データ分析』/noteではブログ『複利のチカラで億り人』の更新内容をメモ代わりに使っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。