私は、私。「誰かのマネ」では表現できない。
見出し画像

私は、私。「誰かのマネ」では表現できない。

さわらぎ寛子/コピーライター・著者

インスタって、こういう風に投稿しないといけないんですよね?

ブログって、こういう書き方をするといいんですよね?


文章って、最後まできっちり書かないといけないんですよね?

発信するなら、読者の役に立つことを書かないといけないから……



そんな「思い込み」が、人を窮屈にする。


誰かが言った「うまくいく法則」に自分を無理やり当てはめて、

どっかの誰かが言っていた(らしい)「こうすれば売れる」に従って生きる。

そこに、「自分」はいる?

誰かの二番煎じになることが目的だったっけ?

私は、私。
私は、誰にも似ていない。



言葉で仕事をつくるメルマガ


さわらぎ寛子のラジオ

さわらぎ寛子の書籍





この記事が参加している募集

noteの書き方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!お役に立ったらシェアお願いします
さわらぎ寛子/コピーライター・著者
『キャッチコピーの教科書』6刷、『発信力を強化する「書く」「話す」サイクル』3刷等、4冊の著者。 「言葉で仕事をつくる」をテーマに、講座やセミナー、企業研修をしています。 HP:https://www.kotoba-works.com