さわらぎ寛子/コピーライター・著者
ショップ店員さんに学んだ、目の前の売上よりも大事なこと。
見出し画像

ショップ店員さんに学んだ、目の前の売上よりも大事なこと。

さわらぎ寛子/コピーライター・著者

雑誌で見てほしいなと思っていたサンダルを試着しに行った。
キレイめに履ける、今年よく見るスポーツ系のサンダル。

履いてみたら、一番大きなサイズでも、ちょっと足がでかかった。

めっちゃいい感じなのに、うむ、これはちょっとな、と思っていると店員さんが、同じように履ける、サイズ展開がたくさんある、おすすめのブランドを教えてくれた。

お店のiPadを持ってきて検索してくれたのだ。


そのお店では今取り扱っていないブランドのサンダルだった。

「スカートにも合わせるならこういうタイプですね。」
「意外とキレイ色の方が、ビジネスシーンで使いやすいと思います」
「これぐらいの底の厚さがあるほうが、スタイルアップして見えそうですね」

写真を見ながら丁寧に説明してくれたあと、

近くのショップだったらどこにありそうかまで、教えてくれた。全然系列店じゃないし、同じショッピングモールの中でもないお店。

「個人的に気になって調べてたんですよね」って、私より一回り以上若そうな、センスのいい髪型をした、お肌のきれいな店員さん。

おかげで、いい買い物できました。

そのお店の今日の売上にはなっていないけど、店員さんのファンになったから、私はまた、その店の前を通るたびに行くだろう。

「お客様が何を求めているか」がすべて。

「今日の売上」だけを求めない。



言葉で仕事をつくるメルマガ


さわらぎ寛子のラジオ

さわらぎ寛子の書籍




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!お役に立ったらシェアお願いします
さわらぎ寛子/コピーライター・著者
『キャッチコピーの教科書』6刷、『発信力を強化する「書く」「話す」サイクル』3刷等、4冊の著者。 「言葉で仕事をつくる」をテーマに、講座やセミナー、企業研修をしています。 HP:https://www.kotoba-works.com