見出し画像

シーライクスを使って3ヵ月で起きた3つの変化

「大人になると、3ヵ月って本当に一瞬。」

社会人生活に慣れてきた頃から、たまにふと頭の中に思い浮かぶようになった言葉。昔を懐かしみながら思う時もあれば、「私はこの3ヵ月間、何をやっていたんだろう……」と後悔の念で思う時も。

そんな風に3ヵ月間の感じ方はその時々によって違うけど、今回の3ヵ月間はまた一味違う「一瞬」でした。


昨年の10月27日。私はシーライクスの初回コーチングを受けるために表参道を歩いていました。推奨されている順序を守りたい性分なので、「動画での勉強を始める前に、初回コーチングを受けたい!」と、受講開始日の調整をしたのを覚えています。


▼21世紀を生きる女性達のためのレッスンクラブ


そこから勉強をはじめて3ヵ月経ったこの間の日曜日、シーライクスでの勉強に一区切りをつけました。

今日は勝手に卒業文集がてら、シーライクスを通して自分にどのような変化があったのかを記録しておきたいなぁと思います。


文章を書くおもしろさに気づけた

課題写真

シーライクスにはさまざまなコースがあります。入会したときの一番のお目当ては「ライターコース」でした。

自分が成し遂げたいゆくゆくの夢を考えると、どうしても必要になる“発信力”。ですが、私は大勢の人前で話すのが絶望的に苦手だし、そもそも声を出すところから得意じゃない。そこでたどり着いたのがライティングでした。

と言っても、今まで文章を書いた経験はあまりないし、むしろ小学生だった頃、夏休みの宿題で出る読書感想文を嫌々書いていた記憶があります。

“自分の書いた文章を、誰かに読んでもらう” そんな経験はあまり記憶にありません。ライターコースの受講前課題で1500文字程度の文章を書いた時には、何をどう書けばいいかわからないし、自分の文章は果たしていいのか悪いのかの判断もできませんでした。


シーライクスのライターコースでは、毎回課題が出ます。そのほとんどが、テーマに沿った文章の執筆。それを提出すると、講師の方から丁寧に添削してもらえます。

嬉しかったのは、その添削内容。読みやすい文章にするための技術やアドバイスはもちろん、文章の中身に対する感想も教えてくれるのです。


自分の書いたものに共感してもらえるとやっぱり嬉しくって、「次はこんな内容で書いてみようかな?」と、書くことに対するハードルがどんどん下がりました。文章の執筆に気軽に挑戦できるようなって、だんだん文章を書くおもしろさに気づいて……。

ライターコースを受講する中で、「文章を書く」=「楽しい」になっていけたのが、一つ趣味が増えたようで嬉しかったです。モヤモヤする時に文章の執筆に向き合うと、書き終わる頃には心がスッキリするような気がしました。

最近なにかにどっぷりハマれなくなったなぁと感じていた去年。まだ、自分自身が時間を忘れてなにかに没頭できると知って、少しだけ安心もしました。


今考えてみると、自分の書いた文章をこんなに丁寧に添削してもらえる機会って、とても贅沢な環境だったなと思います。添削が返ってくるのが毎回楽しみでした。


仕事以外の目標を考えたくなった

今までの私はどちらかというと仕事が好きで、毎日の仕事に少しのめり込みがちでした。自分の目標を考えるときも、出てくるのは仕事やキャリアについてがほとんど。

でも、今は少し変化しています。

シーライクスではグループコーチングの授業が開催されていて、受講生は毎月1回参加をします。自分の目標について発表し合い、感想を伝えあう時間。

シーライクスで行うグループコーチングの不思議なところは、普段恥ずかしくて周りに言えない夢や目標も、そこでなら自然に言えてしまうところです。

自分が話すだけじゃなくて、同じグループのみんなの目標を聞くと、それまでちょっとしぼみがちだった“やる気”にもエンジンがかかります。オンラインでの勉強において心配だった“やる気面”は、グループメンバーに随分と助けられました。


そうやって同世代の女性のさまざまな話を聞いている中で気づいたのは、みんな仕事以外の人生の目標があるということ。

「ゆくゆくは地元に住んで家族を大事にしたい」
「環境問題についてボランティアや発信をしていきたい」
「好きなものを題材にメディアをつくりたい」

そう語る彼女たちの顔は、理想の仕事について話すときよりもさらにキラキラしていて、「なんだかうらやましいなぁ」と思ったのを覚えています。


画像2

先日最後のグループコーチングに参加したとき。

その回の流れはいつもと少し違っていて、初回コーチングで決めた「理想のキャリア」を見直す時間をもらえました。

3ヵ月前に書いた“理想の将来像”。

大きな軸はそのままだったけど、「仕事のためにこれを頑張ろう」じゃなくて、「こういった自分になりたいからこれを頑張ろう」にいつの間にか心が変わっていました。

自分の心の変化って、良くも悪くもなかなか気づけないもので。シーライクスを通じて知り合ったみんなから、いい影響をたくさん受けたからだなって思います。緊張して会話がおぼつかない私にやさしく接してくれたみなさま、本当にありがとうございます。


目標の立て方もシーライクスの特別講座で教えてもらえたので、今後は目指す姿の精度を少しずつ高めていきたいな。


「計画して実行」を継続する癖がついた

シーライクスの社会人にピッタリポイントは、自分のペースで学習できるところかなぁと思います。

基本的には動画での学習なので、自分のライフスタイルに合わせて勉強することができる。めちゃくちゃ根をつめてやってもいいし、逆にまったく勉強をしなくても誰にもなにも言われない。

私の中で、スクールに通うとしたら一番心配なのは時間の確保でした。職種柄、月末月初は時間をとれないし、スクールに通う時間を確保していても急な残業で泣く泣くキャンセルをする場合もあります。

一度欠席すると、なんだか後ろめたい気持ちになってそれ以降行きづらくなったり、周りより遅れて挽回できないんじゃないかって不安になったり。


その点、シーライクスはそのあたりのストレスがまったくありませんでした。

この週は土日にまとめてやろうかな。今日はお昼休憩中にちょっと動画みよう。今週は根詰めて、朝5時起きでがんばるぞ!などなど。「自分で計画を立てて、しっかり実行できた」という自信がこの3ヵ月間でつきました。

この「計画を立てる→実行→改善」のサイクルって、普段仕事では当たり前のようにやっているけど、私生活では忘れがちなんですよね。ついダラけちゃうし。3ヵ月続けたらちゃんと“癖”として残ってくれたので、いい武器をゲットできました。自己肯定感も爆上がりです。


自走力が鍛えられたこの3ヵ月

振返ってみるとこの3ヵ月間、仕事のヤマとかぶった時は死にそうになったものの、全体的に楽しみながら勉強ができたなって思います。

仕事をしながら、新しく勉強を始めるってとっても大変です。

今の時代どの勉強を始めるにしても、情報が膨大すぎて“どれが本当の情報なのか?” “どれが最新の情報なのか?” この判断をするだけでも心が折れそうになります。初心者だと、見分け方すらわからないし。


そんななか、自分の好きな時間に動画を再生するだけで、その業界で実際に活躍している同世代の先生方がスタンダードや基本を教えてくれるのがとってもありがたかったです。自力で勉強を始めるのに少し疲れ気味だった私にとって、まるでマリオのスター状態になれるようなサービスでした。


しかもスキルだけじゃなく自走力も自然と身につくさまざまな仕組み。まさにキャッチコピー通りの体験をさせていただきました。


3ヵ月ってやっぱりあっという間で、気を抜くと一瞬で過ぎ去ってしまう。けど、いつもより気合いを入れて臨んだこの3ヵ月は、私の中にスキルや知識以外にも大きな変化をいくつももたらしてくれました。

きっと一人だけで勉強をしていたら、こんなにたくさんのものは一度に手に入らなかったはず。手助けをしていただいたシーライクスのサービスや運営のみなさま、SHEメイトのみなさまも本当にありがとうございました!


与えていただいた、たくさんの足がかり。しっかり踏みしめて自分の山を登っていこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。これからも素敵な本や文章にたくさん出会えますように。

ありがとうございます!励みになります。
138
ライティング/クリエイティブ事務/経理労務/読書/ミステリー/漫画/ビール/ ネイリスト→求人広告代理店5年 校閲週100本以上→デザイン会社 事務歴7年 ▼アラサー特有の荒波にもまれながら“もっと女性が生きやすくなるには?”を模索中 ▼“伝わる”ライター

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 16680本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (1)
sheライクス気になってました!
松永さんの文がとてもわかりやすく、読みやすかったので
私もやってみたいと思いました!ありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。