Roco

【未知の自分に会いに行く】昨日とは違う1日。昨日とは違う自分。変化し続ける毎日の中に見つける、たくさんのスイッチ。 キルト、本、芸術、ファッション、様々な美しいもの。出会う人たちや沢山のできごと。人生のまとめとこれからを味わいつくす記録。過去、現在、未来へのアウトプット。

Roco

【未知の自分に会いに行く】昨日とは違う1日。昨日とは違う自分。変化し続ける毎日の中に見つける、たくさんのスイッチ。 キルト、本、芸術、ファッション、様々な美しいもの。出会う人たちや沢山のできごと。人生のまとめとこれからを味わいつくす記録。過去、現在、未来へのアウトプット。

    マガジン

    • 楽しみ・日々の出来事

      楽しんでいる事、好きな事、見つけた事 日々を彩る物事たち。

    • 想う事

      私の脳内。自分の頭の中に沸き上がる想いを表に出して検証している記事です。ネガティブもありで失礼します。

    • 創造性の種

      仕事以外で出かけた記録と出会った物事。創造性の種との出会い。

    • 特発性間質性肺炎(特発性肺線維症)

      難病の発見から2022年4月までの記録、全8回。 「追記」・新薬の治験参加・2022年10月感染症による急激な悪化の記録 在宅酸素を使用するも使用量の増加で移動も困難になりマガジンの整理も出来ないので書きっぱなしです。覚え書きとしてと、誰かの役に立てばとまとめました。平均値を書き換える言う気概と生きる希望の拠り所です。

    • 私の中のファッション

      私にとって苦手なジャンルであるファッションやそれにまつわる記録。キルトとのリンク。

    最近の記事

    記憶力〜名前を覚えるのが苦手

    歳のせいだけではなく、私は記憶が苦手で記録は必須で手帳は手放せません。 でも、何かに紐づいていると思いだせる事に気づきました。 きっかけは、病室にいるとネガティブになってしまう事を相談したら楽しかった事、良いことを寝る前に思い出してみると言う宿題です。 つい、感情が強く動くネガティブな記憶が残りがちで楽しかった事を奥にしまってしまう癖の持ち主の様です。 思い出してみたら、沢山の宝物が隠れていました。 そして、未来への希望につなげて生きます。   〜病室ネタ〜 看護師さん

      • 立春

        節分の翌日は立春(ずれる年もあり)。二十四節気。 旧暦で一年の始まりです。 暦の上では春です。 トップの写真は2021年3月の梅 下の写真は同じ日。 牛久大仏と梅。 写真とは1ヶ月違いますが、立春の頃の花と言えば梅かなと思います。 各地の梅まつりはこれからでしょうか。 まだまだ、雪の心配もありますが、春の訪れも感じられる頃。 写真の日の思い出は、電車で遠方に出かける事を控えていた頃に、友人ふたりが訪ねてきてくれたので、牛久大仏をご案内しベーカリーレストランでお食事と

        • 節分ネタ連投ごめんなさい。これでおしまい。連投出来る程体調が良いと言うことでお許し下さい。 夕食の節分っぽい物。豆乳プリン。大豆から作る豆乳と言うことですね。大豆エネルギーを頂いて明日からのパワーにしましょう。落ちた筋肉にタンパク質は大切。

          • 季節感〜恵方巻き

            節分ネタ再び。 いつも登場する理学療法士さんとの会話から。 今では節分に恵方巻きは当たり前な空気ですが、我が家では用意したことはありません。つまり息子達は家庭の食卓で見かけた事は無いのです。 ひな祭りのちらし寿司、季節ものじゃないけれど楽しい手巻き寿司、いなり寿司は作ります。 私がなんとなく太巻きが好きじゃないと言うのもあるけれど、節分に恵方巻きを食卓に乗せない最大の理由は 元々、関西の習慣だから! 商業的な理由で関東に来たと思ってます。だって、恵方巻き、恵方巻きっ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 楽しみ・日々の出来事
            Roco
          • 想う事
            Roco
          • 創造性の種
            Roco
          • 特発性間質性肺炎(特発性肺線維症)
            Roco
          • 私の中のファッション
            Roco
          • 家族
            Roco

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            夫がお友達からもらったからと、成田山のお福豆。着替えと一緒に入ってました♪ 夫とお友達に感謝しておやつタイムに頂きました。 成田山の不動明王様の力強さと慈愛に触れたくて何度もお参りに伺ってました。この包と福守りを手元で大切にします。

            季節感〜病室での会話から

            今日は節分ですね。と言う朝の会話。 あっと言う間に季節が過ぎてゆく。 節分感じる食事でるかしら? 沢山お話は出来なくても、そこから感じること、私の記憶が呼び覚まさせる事があります。 数日前にある看護師さんに、節分の豆は大豆ですか?と聞かれました。 はい。大豆以外に他に何が?と思いながら。 看護師さんの故郷東北では殻付きピーナッツだそうです。外に撒いても、拾って食べられるから。 確かに、合理的ですね。 そこでの当たり前が、他では違う事って沢山ありますね。 他県出身の人

            書くことで現状を固定化させない心理

            現状をリアルに書き綴ることで記録と、することが出来ないのは何故かと考える。 現状を固定化しポジティブに変換が難しい心理状況に陥りやすい病室と言う空間のせいかも知れない。 見ないふりとも違う。 光を、ポジティブを信じる気持ちを維持したいから。 記録を明るく書ける時は必ず来る。 ※写真はゴールドワークと言うイギリスの刺繍のポケットティッシュカバー。病室にも持ってきてます。 刺繍もプラスしたキルトも作りたい。

            パッチワークキルトとの出会い

            パッチワークとの出会いについてコメント頂いたので書いてみます。 良いきっかけをありがとうございます。 あまり長文は書けないのでポイントだけ。 子供の頃から母の横で手芸をしていました。ぬいぐるみ、編み物、リリアン、アンダリア、ビーズ、刺繍、洋裁など。 これなぁに?と言う物は、時代の流行り物と言うことで(笑) パッチワークが日本に入って来て間もなく見聞きしたと思います。手にする機会はなく、本で見るだけ。 実際に手にとって見たのは、結婚後社宅にいた、アメリカ赴任から帰国し

            病室での話題から〜コーヒー

            今日も理学療法士さんとの会話から。 手でマッサージやストレッチをするのでおしゃべりをする余裕があります。 治療の話し以外にも、雑談が楽しい。忘れそうな外の世界を思い出させてくれます。 コーヒーが好きと言うことなので、コーヒーこだわりのカフェをお勧めしました。 写真の様にサイフォンで出てきます。カップも素敵でしょ。色々あります。 コーヒーも種類多くて選べないので、ブレンド、本日のおすすめや、味の酸味、苦味のグラフを見て店員さんに相談して決めます。 本日おすすめコーヒーの説明

            自分の手で書く

            書くまたは描く スマホ入力より文字や絵をかきたい。 写真は持参したアップルグリーンのノート(コクヨのソフトリングノート。何色かを使い分けてます)とシャーペンとボールペン(Jet Stream ボールペンは0.38mmの細いのがお気に入り) ピンク色のは正方形の付箋紙カバー メモ用紙として使ってます。 スマホのメモもどこに書いたか探しやすいけれど手でかくエネルギーを感じたい。ベッド上で書くから字は乱れているし、どのページに書いたか探さないといけない。 デザイン画も描いてみ

            日曜日の今日。コードひばりがアナウンスされドクターヘリがやってきた。 みんな、ここへ元気になりに来ているんだ。働く皆さん、ありがとう。私も今日の一歩を積み重ねます。

            写真で楽しむ、実際に足を運ぶ

            写真はノルウェーのトイレの入口。 ちょっと面白い。 長男の海外出張が再開され、最初がノルウェー。街並みや食べ物の写真を送って来ます。同居の時はお土産もあったけど、今はもっぱら写真です。 それでも自分では行けないので嬉しくて保存してます。 世界情勢が気になってフィンランドのヘルシンキ乗り継ぎでノルウェー入りと聞くと心配になります。 帰りは北極回りだったと、これこそ見に行けない飛行機からみた北極。 お正月に母不在の我が家に滞在中も散歩して、近所の発見を送ってくれてました

            自分で考える人

            2022年12/31対面教室終了のお知らせの反応から沢山の事を考えました。 皆さん、毎回の教室を楽しんで下さっていたのだと胸が熱くなります。同時に無念な気持ちもフツフツと湧いて来ます。 パッチワークが出来なくても生死には関わらないけれど、日々の彩り、心を豊かにする時間です。 その中でも、皆さん自分の方向性を決めようとされてます。 教室は探さずに自分のペースで続ける。 新規開講を待つ。 自分で問い合わせ、検索で探す。 サークル化してみんなで集まって縫う。 中には、片付け

            自分のために書く〜病室からのネタ探し〜

            誰かのためを一旦横におき、私自身のために書くことを続けます。 まだ続きそうな入院生活の中で、ネガティブ沼に落ちぬ様、ポジティブ探し、時々記録として。 たぶん短文、読み応えなし、お笑いの才能なし。心のリハビリです。 平日毎日来る20代の理学療法士さん。 負荷をかけながら手足の筋力が落ちない様にストレッチするのが主な内容。 その間のおしゃべりも楽しんでます。個室にいる患者への気配りでもあるようです。 私も雑談をする様にしているので、段々話が広がって来ました。 今日は副業の

            お正月休みが終わり、病院も通常に戻り、検査、診察。休み中の私の様子から、薬、新しい治療と主治医は速やかに進めて行きます。嬉しいのは帰宅後の生活アドバイス。専門部署も入れて。きめ細やかで具体的でわかりやすいです。少し時間はかかるけれど私もあれこれ考える楽しい時間♪

            ビバ・マゼンダ

            今年の色はビバ・マゼンダ 色見本帳を作る各社の中のひとつPantone社が発表した色です。他社だとまた違う色です。 私がこれを読んで心浮き立つのは大好きな色だから。ビバ・マゼンダと言う色は初めて見る名前ですが、マゼンダ、フューシャピンク、ワインレッドと青みの入った赤、ピンク系にとても惹かれます。 愛車もワインレッド 作品を作る時に赤やピンクを選ぶなら青み系で朱赤やサーモンピンクは滅多に選びません。 今年の色とか流行色ってこんな決まり方するのですね。自然発生的なら洋服や小