詩「電球」(『犬を抱いて眠る』2017年より)

「電球」

一度でいいから電球を握りつぶしてみたい

彼は語った

今夜が最後の晩だから

彼はそう言って電球を握った

影が揺らいでぐしゃりと共に

部屋は光を失った

からから笑ってもう寝ようって

朝になって彼は消え

そこには丸い電球があった

次の光を生むために

いずれ影を揺らすために

彼の朝はやってきた

(松倉弘城、2011年11月)


収録電子書籍情報:
『犬を抱いて眠る』
価格:¥380(税込)
著者:松倉弘城(Hiroki Matsukura)、竹内誠也(Seiya Takeuchi)
発行:竹松社(Chikushousha)http://chikushousha.wpblog.jp
販売:Amazon Kindle→https://www.amazon.co.jp/dp/B071DGGRRW/
発行日:2017年4月20日
ISBN:978-4-9909572-9-2

「犬」を抱いて眠るふたり、竹内誠也と松倉弘城が著述したエッセイ、詩、小説、論考の三十四作からなる作品集。
ふたりが抱いている「犬」とはなんなのだろうか―――

他にも詩をたくさん載せてます。ご興味を持って頂けたら、拙著『犬を抱いて眠る』を是非一度手にとってみてください。

よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

売れない物書きですが、陽気です。大変陽気です。サポートいただけるともっと陽気になります。なにとぞ、この売れない陽気な物書きのサポートをよろしくお願いします!

わたしは大変happyであります。
3
聴こえてきましたか?売れない陽気な物書きが只管なにやらブツブツと町内放送で語っているようです。少し立ち止まって耳を傾けてみてください。風や空の色や地面の柔らかさを感じませんか?みんな、あなたの味方。さあ私の手を取って。旅へ出かけましょうか…。