(目黒編)スケッチブックに落書きをして気を紛らわせていた

前回の記事の続きである

僕は目黒の美容室に勤め始めた

大崎の頃の美容室とは違い、スタッフ数も多く、皆随分とラフに働いていた

同い年くらいの人々も何人もいて、気は随分楽だった、僕はアシスタント業務は全てこなせていたし、そのお店のカットのマニュアルを早速勉強する事となった

カラーは任せてもらえたし、随分自由にやっていた、カットもマニュアルは西東京の美容室の頃教わっていたことが生きていたし、カットモデルまでやらせてもらっていたから、その経験でフリーを振り分けてもらったりした

しかし僕よりも先にその店で練習していた人々もいて、それが僕よりも年上だったりしたものだから、フリーの振り分けは一番下

僕はそれでも問題なかったし、ちょうどいいペースだと思った

しかしそれは突然起きたのだ

アシスタントの一人が僕にこんな話を持ちかけた「飯田くんはさ?なんでこの時期にうちに入ってきたの?」

僕は自分の経緯を伝える

すると、そうじゃないと言うのだ

どう言うことか?僕は問い返した

そして知った

「この店そろそろ潰れるらしいよ?」

は?と思った、顔に出てたと思う。

確かに最近辞めるスタッフが多いと思っていたが、これで話が繋がった、まだ決まった話ではなかったらしいが僕は騙されたような気になってオーナーに直接聞いてやろうと思い事務所に行ったのだ

どうやら確かに経営は悪い方に傾いているらしい、スタッフも離れている今オーナーも何かの決断を迫られているらしい

そこで入ってきた新しいスタッフ、つまり僕を藁にもすがる思いで取ったと言うのだ

潰れたらごめんとしか言えないと言われた

ならばと、僕は次の日からもう行かないと言う旨を伝えそれを実行した

働いて2ヶ月経ったくらいの話である。

彼女は随分落胆していた、その頃くらいからか、家に帰っても生活のことばかり考えさせられていたし、自分自身のことも責めていたものだから、喧嘩が絶えなくなっていた

しかし生きて行かねばならぬから

僕はまた新しい仕事を探し始めたのである

その頃くらいからか、僕は昔好きだった落書きを始めた、スケッチブックに適当に思うままに描くのである、彼女には、仕事もろくにせず家で落書きしている僕にイライラを募らせていたのかもしれない。

そして僕は新しい勤務先を見つけたのだ。

それはまた次回👨‍🎨

#画家 #芸術 #芸術家 #飯田大輝 #美容師 #美容室


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
この人生ただまっすぐに画家というものをやってみようと思ってます本当にまっすぐにです、僕の描いた一枚の絵で世界中のどこかに居る誰か、たった一人の心を振るわせる事ができたならすごい事だと思うのです、一人で芸術運動をしていますが沢山の人々と共鳴できたら嬉しい🙏

こちらでもピックアップされています

「流転」
「流転」
  • 4本

僕が学生時代に出会った人々との交流の中で、自分の人生について考え始めた頃、いわゆる人生の転機にも似た物事から、社会に飛び出し、今の底辺画家、飯田大輝になるまでの道筋を過去を振り返るように遡り掻い摘んで書いて行きます。 ただのダメ人間の随想録ですよ、気楽に呼んでください。笑

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。