見出し画像

TikTokバズらせ代行始めます。

※ビジネス系インフルエンサー向けです。

ビジネス系TikTokerという
ガラ空きの市場へようこそ


こちらは時間と労力を割かずにTikTokに
自分のメディアを持つためのサービスです。

・台本作成代行
・編集代行
・分析代行

こちらを代行させていただきます。

(どれか1つ、もしくは一部のみ依頼するのも
可能です。)

依頼はこちらから↓

画像1

自己紹介)

2020年1月にTikTokで「心理学・心理テスト」の
発信を開始。

1ヶ月で5万フォロワー
2ヶ月で10万フォロワー
8ヶ月で40万フォロワー
(フォロワー数日本300位、教育系なら日本1位)

TikTokの事務所を運営したり、
キメラゴンさんのオンラインスクールで
TikTok講座の講師を努めたり、
法人向けにTikTokを使ったPRサービスを
リリースしています。

その他30人以上のTikTokの
コンサル・アドバイス等をしてきました。

実例↓

画像2

画像3


画像4


このバズらせ代行による1本の動画で
5000フォロワーから3.5万フォロワー
 まで増加させたこともあります。


ビジネス系インフルエンサーの遍歴)

2018年-2019年は間違いなく、
ビジネス系Youtuberが波に乗ってました。

しかし、

画像5

と言われているようにYouTubeは今から始める
後発にとってはおいしい市場では
なくなってきています。

そして今YouTuber、芸能人、ビジネス系の
人たちが参入を始め、YouTubeに並ぶ勢いで
伸びてるSNSがTikTokです。

世界的にはTwitterの人口3.3億人を遥かに
超えています。(TikTok8億人)

日本でも約1000万人のユーザーがいます。

ということで、2021年からは間違いなく
TikTokにビジネス系・教育系の波がきます。
(2021年-2022年ではなく2021年〜
と書いた理由は後で説明します。)


TikTokの強み)

TikTokが他のSNSよりもおすすめできる理由を
2つ紹介します。

①拡散力だけを取ってみれば、
どのSNSよりも強い。

・YouTubeと違い、検索もクリックもいらず、
 長くても1分という動画の尺故に
 ユーザーの目に止まる動画数が多くなる。
 結果的に多くのユーザーにリーチできる。

・ユーザーの好みをAIが的確に判断。
 自分の動画に興味のあるユーザーを対象に
 おすすめで動画を紹介してもらえるシステムによって
 過去動画も含め、良い動画は半永久的に拡散され続ける。


②TikTokは長くても1分という動画の尺故に、
パイの奪い合いがYouTubeほど
熾烈になりません。

30人の動画を1本ずつ見ても30分未満です。

なので新規参入が増えても飽和しづらく、
発信者視点でみた時に長期的に生存できるSNSと言えます。

(これが先ほど2021-2022ではなく、
2021〜と書いた理由です。)

TikTokのデメリット)

じゃあTikTokにデメリットがないかと
言われるとそんなことはありません。

2つのデメリットも紹介します。

①少しずつ年齢層が高くなってきてるとはいえ
Youtubeに比べてまだ若年層の比率が多い。

②動画の尺が短いのでファン化の難易度がやや高い。


なのでよくも悪くも「認知」に特化した
SNSだと言えます。


バズらせ代行を使う最大のメリット

時間と労力が買えるというのは大前提です。
それとは別のプラスのメリットを
2つ紹介します。

①アルゴリズムが変わってもすぐに攻略
TikTokでは2〜3ヶ月に1回、
大幅なアルゴリズムの変更があります。

多くのTikTokerがそれに対応できず苦しみます。
そのうちのほとんどがアルゴリズムの変更に
気づかないほどです。

これを自分で仮説検証して継続的に
バズらせるのはかなりの時間と
労力を消費すると思います。

しかし現在月100本以上の台本を作成。
30人以上プロデュースしているので
データが膨大にあります。

なのでアルゴリズムの変更にすぐに気付き、
素早く対応することができるので
アルゴリズムが変わっても、
1週間ほどでまた軌道に載せることができます。

②バズらせつつ外部に誘導できる

元からファンが多い人・自分でバズらせられる人
というのはもちろんいないわけではありません。

しかしLINE@誘導や別アプリへの誘導まで
考えて誘導人数を調整できる人は少ないです。


本サービスでは、これまでに集めた
150本以上の外部への誘導データを元に
お客様の目的に沿って、適切なタイミングで
外部へ誘導を促せる台本を作成致します。


この後の流れ)

画像6

画像7

お約束)

・このサービスに申し込まれたことは僕や
編集者、その他この業務に携わる一部の人を
除いて口外しません。

こんな方はお断り)

①TikTokでバズるノウハウを使って
ビジネス展開したいと考えている方

こちらは少しでも時間をかけずに
TikTok上に自分のメディアを持ちたいという
人向けのサービスです。

ですのでTikTokのアルゴリズムや
バズるノウハウももちろん手に入りません。

そういったノウハウを自分の中に蓄積したい方は

→こちらの記事や

こちらのYouTubeをご覧の上。

ご自身でトライアンドエラーを
繰り返すことをおすすめします。


②財布に余裕がない方
このサービスは一種の投資です。

TikTokはYouTubeと違って直接TikTokから
お金をもらえる仕組みではありません。

ですので、自分の商品を持っていなければ
掛け金の回収はできません。

時間をかけずに自分のメディアを持つ。
それを自分の余ったお金で買うためのもの
なので、短期的な利益目的の方は
このサービスのご利用をお控えください。

③企画コスト、編集コストがあまりにも
莫大にかかる方

こちらは申込前に目的や投稿の方向性の確認を
させていただいたタイミングで、僕の方から
お断りさせていただくことがあります。

その他質問もこちらで受け付けます↓

画像8



依頼費)

企画、編集、分析を全て代行する場合。

1本19800円


毎月沢山の方が依頼してくださるので
まもなく1本29800円に変更します。
早めにお申し込み下さい。)


依頼はこちらから↓

画像9


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
総SNSフォロワー数50万超えのインフルエンサー兼起業家/インフルエンサー事務所経営