見出し画像

#104 ビジネスマンとしての発言方法

健康サラリーマンの小野です。

先日下記ツイートをしたのですが、
今回はビジネスマンとしての発言方法をテーマで記事をまとめます。

※約1,100字(目安時間:2分)の記事です。

気を使って言いたい事が言えない方、逆に言いすぎてしまう方に
少しでも参考になればと考えています。

結論は、配慮はするけど遠慮はしない事です!

打ち合わせ

【①はじめに】

先日、キンタローさんという方のリツイートをしたのですが、
その方のツイート内容は以下の通りでした。

性格が幼少期に形成されるのが良く分かる例

日本
・○○ちゃんがどう感じるか考えなさい
・友達を助けてあげなさい
→空気を読む、相手の立場に立つ性格に育つ
アメリカ
・意見があるなら自分の言葉で言いなさい
・Use your Words
・黙るのは悪よ
→空気を読まない、意見があれば言うべきと学ぶ

日本は相手の立場に立つ教育、アメリカは意見があれば言うという教育で、
空気を読む日本に対して、アメリカは空気を読まない文化という内容です。

これを読んで、両方のカルチャーのいいとこどりが、
ビジネスマンとして重要と感じたので以下まとめます。

スーツ

【②空気を読むかどうか】

先ほどの内容は一言で言うなら空気を読むかどうかだと思いますが、
ビジネスマンに置き換えた時のそれぞれのメリットは以下の通りです。

(1)空気を読む
相手の立場に立って話をするので、人間関係が円滑になります。

(2)空気を読まない
あえて空気を読まず、言うべき事をはっきり言う事で、
議論が活発になり、革新的な変化が起きやすくなります。

世間一般の日系企業と外資系企業のイメージと似ているかもしれません。

英会話

【③正しい発言方法】

空気を読む、読まない共にメリットはありますが、
私なりの答えは両方とも兼ね備える事が重要と考えています。

一言で言うなら、
『配慮はするけど、遠慮はしない』

つまり、相手の立場に立ち、言い方・伝え方には気を配るものの、
自分の意見等言うべき事はきっちりと主張するという事です。

これが、人間関係は円滑に進めつつ、
議論が活発化しより良い方向に進んでいく事に繋がると考えます。

オフィス

【④まとめ】

今回は、ビジネスマンとしての発言方法をテーマに記事を書きました。

空気を読む、読まないという一見すると矛盾する内容を
両立される事がビジネスマンの発言方法として正しいと考えています。

一言で言うなら、『配慮はするけど、遠慮はしない』という事です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
投稿が少しでも良いと感じたら、是非スキとフォローお願いします(^^)

・Twitter

https://twitter.com/HiroakiOno6

・Instagram

では、また明日!

小野


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、スキ、フォロー、どれも今後の活動の励みになります^^

本当にありがとうございます!
10
・ロンドン生まれ東京育ちの30歳サラリーマン ・前職の不動産会社で年収1,000万(25歳)達成 ・現在は外資系デベロッパー勤務 ・前職の毎日の飲み会で20kg体重が増えて健康に目覚めました。毎日の筋トレで15kgの減量に成功しています。 ビジネス、健康・美容について投稿します

こちらでもピックアップされています

ビジネス
ビジネス
  • 121本

ビジネスに関する記事をまとめています!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。