見出し画像

アートは買ってこそ意味がある

こんにちは。

アートには色々な愉しみ方があります。見たり、話したり、体験したり、創造したり。アートに限らず一般的に「生きていく上で必要がないもの」と言われるもの(例えば音楽、ファッション、創作活動など)にもアートに共通して色々な愉しみ方があるかと思います。※ちなみに僕は「生きていく上で必要がないもの」にアート、音楽、ファッション、創作活動は入りません。僕にとっては生きていく上でどれも必要です。僕にとって生きていく上で必要がないものはプリクラだったり、アイドルだったり、接待のゴルフだったりFAX信仰だったりします。

本日(2020年4月4日)に購入したアートが手元に届いたのでnoteにまとめようと思います。


アートを買いたくなる街「FUKUOKA」

福岡の中央区春吉にあるエスプレッソスタンドとギャラリーが一体になったコーヒースタンドTAG STÅにて2020年の2月に約1ヶ月間開催されていたアーティストRooo Lou の「RELIFE」にて出会った、この展示に合わせて製作された作品を購入しました。DMの表紙にもなっていて、その表紙の時点でとても気に入っていました。コーヒーのパッケージになっていたり、グッズが多数展開されていたりと、Louさん的にも思入れが強い作品なのかな?と想像したりしていました。

画像1

画像3

画像4

画像5

このTAG STÅ以外にもFUKUOKAには沢山足を運びたくなるギャラリーやショップが多くあります。TOKYOに約10年住んでいたので分かりますが、もちろんTOKYOにも素晴らしいギャラリーやショップは沢山ありますが、FUKUOKAのいいところはコンパクトな都市設計と程よく田舎や海が近く、それでいて都会的カオスな場面も持ち合わせているところだと思います。街を歩けば地価が上がっている様子が伺え、歩いている人も洗練されているし、街が元気だなーと感じます。そんな街を散策しているとやっぱり良いスニーカーとかアートとかカルチャーを感じるアイテムを買いたくなります。


アートは見るものではなく「買うもの」

私は、アートは見るものではなく買うものだと思っています。アートは日本においてまだまだとても小規模ですが産業です。産業はお金をまわしてこそ意味があります。アートは実際に買って部屋に飾ってあーでもないこーでもないから来る模様替えを愉しんだり、部屋にあるアートに相応しい生活水準の生活を送るための訓練のきっかけだったり、気分をコントロールするためのツールだったりします。なので自分の居住空間(家、リビング、アトリエなど)にないアートはあまり効果を発揮出来ないと思っています。私の友人で「部屋で一番大事なのは絵画」と言い切る友人がおり、まずは絵画の為に部屋を整えます。その空間を教授するためのセンスを日々磨く。とても素敵な友人です。その友人を見習って僕もまずはアートのことを第一に考えた部屋やアトリエを整え、そこで自分のセンスや生活を磨くように心がけています。何かと家にいることが多くなる昨今、アートで部屋を装飾して在宅時の時間を少しでも有意義に、リフレッシュするのもとてもいいと思います。


10000いいねより、1売れた方が嬉しい。

私もアートとファッションを生業にしています。アートの展示や自分のブランドのポップアップをやるとお客さんが来てくれて励ましの応援メッセージを沢山くれます。インスタで投稿するといいねもまぁまぁ付きます。でも、やっぱり、インスタでどれだけいいねが付こうと、どれだけ応援メッセージをもらおうと、やっぱり商品が売れた時が一番嬉しいです。買ってくれた人には買わなかった人にはない特別な感情が絶対生まれます。これは自営業やフリーランスなどの仕事の成果を売っている人にとっては絶対そうだと思います。だって、それで自分が生きていけるわけですから。私含めフリーランスや自営業の方は自分の時間を企業に売って給料をもらうサラリーマンではありません。自分の商品やサービスが売れないとやっていけません。


画像2


いいなと思ったらアートは買う。ちょっと無理してでも買う。動機はなんでもいいです。観賞用でも投資目的でも。買う行為はアーティストへの敬意を表す一番明確な方法です。アートに限らず全ての作り手さんは途方もない時間と労力をかけて作品を生み出します。ぱっと見でも鑑賞できる一枚の絵も5分で出てくるドリップコーヒーも30分で読める本も1時間で観られる映画もそれらを仕上げるために多くの人が関わり、創作している本人は途方もない時間と労力をかけています。

お金が動かないファッションやアートが「無意味なもの」とは決して思いませんが、お金が動かないとファッションもアートも続けられません。産業への解釈や時代背景、時代の気分みたいなものを感じる作品や商品はこれからもどんどん買おうと思います。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキって言われた。嬉
12
ファッションデザインとアートディレクションが生業 / 完全招待制のショップとアパレルブランド2つを運営中。 普段は福岡にいることが多いですが最近は長崎の拠点でジッとしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。