マガジンのカバー画像

偏愛的フェティシズム

9
好きでたまらないモノ・コトを熱く語る、偏愛の世界。 偏愛は誰かの暮らしのちょっとした癒しとなることを信じて、今日もお届けします。
運営しているクリエイター

記事一覧

「表現」への違和感の先にある、没頭から生まれた写真

創作活動で生まれた作品には、「表現」という言葉がついて回る。作者の想いや熱量、信念は作品…

点と点を繋ぐこと

屋号を「テントテン」にしました。 開業以来、しっくりくる屋号が決まらなくて、確定申告のた…

仕事中に聴きたい音楽ジャンルを言語化すると「Lo-fi Hip Hop」になった

仕事中に聞く音楽、何が良いのか問題。 在宅勤務やリモートワーカー、フリーランスなど、家で…

果たして性格は変わらないのか。物事の解釈フィルターを交換した"ナナメ人間"の記録

知人に知識や仕事の実績があるのに、一回り以上年下の私にも謙虚に接してくれる人がいる。いや…

水中写真コンテストから考える、海との繋がりの大切さ

宇宙も興味深いけど、私は地球の海に対する好奇心の方が上回ります。地球の約7割は海であり、…

ビンタを避けたいならツールを使おう

「夫婦間では"Slack"を使って快適に連絡と共有をしたい!」 と深夜のファミレスで熱く語ってし…

息を吸って息を吐いて、ただそれだけで

呼吸を止めると、生きていられない。だから呼吸は大事。 そんなこと当たり前すぎる。でも私たちは陸上ではつい呼吸が浅くなってイライラしてしまいがちだ。 ただ呼吸を意識するだけで、陸上でリラックスできる機会はグッと増える。 私は水中の世界が好きだ。 水中に長く留まる手段として、ダイビングをする。 水中の美しさを伝える手段として、写真を撮る。 興味のない情報も、承認欲求にまみれた人の声も聞こえない。 聞こえる音は、自身の「呼吸の音」だけだ。 水中では陸上よりもリラックスでき

スキ
5

吐く息が美味しい。

「水中で息が吸えるわけない、信じられない。」 初めてダイビングをしたのは、友人との沖縄旅…

8時間の壁を超えて伝わってくる"情熱"に熱狂した

スペイン語で「El Clásico(エル・クラシコ)」。 100年以上続く、「伝統の一戦」の意味だ。 …