見出し画像

『失われた時を求めて 第一篇 桜』

㈱黒木本店さんより超限定品『失われた時を求めて 第一篇 桜』がついに発売されます。

2021年4月1日より全国発売予定ですが、2021年4月1日といえばジャパニーズウイスキーの表示基準がようやく決定し、施行されます。

詳しくはまた書きたいと思いますが、今回のご案内する「失われた時を求めて」は、表示としては焼酎ではなくスピリッツとなります。

酒税法上の品目はスピリッツの扱いとなりますが、伝統的な焼酎の製法を大きく変えることなく制限されてきた樽熟成の可能性を追い求めた商品となります。

焼酎を樽にいれ熟成すると綺麗に琥珀色になるのは当たり前だが出荷するには着色度の規制があり濾過をして色をとらないと出荷できない残念な現状があります。

ジャパニーズウイスキーの表示基準発表と機を一にして、樽貯蔵熟成(本格焼酎)の着色度規制緩和も容認しない方向にほぼ決まったように思います。

着色度合はウイスキーと比べて約10分の1程度。

せっかく時間をかけ色づいた琥珀色の焼酎の色をとるとはとても残念なこと。焼酎の可能性を国が規制している。

焼酎はもともと無色だから色がついてるのはいらないのではという意見もあるらしいのですが日本の国酒である誇りある焼酎を日本が足を引っ張ているように感じます。

最近では海外でも焼酎を造りだしていると聞いたことがあります。

海外で造られた焼酎がウイスキーばりに樽貯蔵され色がついて日本に逆輸入して売られてる!?なんて日がこない事を信じたいものです・・・・|д゚)

そう今回発売する『 失われた時を求めて 第一篇 桜 』は焼酎の色規制によりの樽貯蔵で失われた時を求めて宮崎県産の桜の木を用いた樽で熟成した原酒やフレンチオークで寝かせた原酒のブレンドとなっております。

700ml  4400円(税込み)

入荷数はかなり限定で少ないですので売り切れの場合はご了承下さい。

今後の続編として熟成された限定商品も発売予定ですのでお楽しみに!

https://itosake.theshop.jp/items/41575174

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
明治創業25年。宮崎県児湯郡新富町で酒屋を営業しております。5代目店主の酒屋道 〒889-1414 宮崎県児湯郡新富町富田南1-52-2 TEL 0983-33-0059 営業時間 9時~20時 定休日 第1第3日曜日   (12月は無休) http://ito-sake.com