楽しみながら服を着るということ
見出し画像

楽しみながら服を着るということ

ばやぴ

周南市の「lotusleaf」「LaSEN」「Circle」「Heritage Store」防府市にある「GREEN」
これらアパレルショップを手がける有限会社ロータス代表中野さんにお話を伺う機会をいただいた。
市内の4店舗は銀南街、新町にお店を構えており、歩いていくことができる。
服が大好きな僕にとってはまたとない機会で少し緊張。そんな中インタビューがスタートした。

地元は岩国市、学生の頃から自分がまだ知らない外国の文化には興味があり、音楽やアメカジなどの文化が好きだった中野さん。
同じくファッションが好きな友人の影響もあり広島で仕事を始めたとのこと。
そんな中「自分のお店を持ちたい。」という思いが芽生え始め、周南市に「lotusleaf」をオープン。
「どこで自分のやりたいことをやるか」より「自分が何をしたいか」という思いが強くあって、周南市でお店をスタートさせた。

10代の頃から抱いていた「自分のお店を持つ」という目標を叶えた中野さんにこれからの次の目標を聞いた。
「洋服ももちろん好きなんですけど“お店”とか“文化”に携わることが好きなんです。周南市をどうしたい、とかそんなおっきなことはね。(笑)でもファッションやお店を通じて今後も文化を伝えていきたい。」
そんな思いで中野さんは周南市からファッションを発信し続けている。

お店にくるお客さんは様々だが、リピーターの方が多いそう。
歩いて行ける距離にある「lotusleaf」「LaSEN」「Circle」「Heritage Store」
これらのお店は、中野さんの意図で、「lotusleaf」をベースに取り扱うアイテムのテイストを少し変えている。
「LaSEN」…レディース服メイン
「Circle」…子どもアイテムが中心

お店に来る年齢や男女に合わせてお店そのものを分けることでお客さんも足を運びやすい一つの要素になっているのかもしれない。
もちろん、メンズレディースにこだわらず、自分に合うテイストの服を探すのも楽しみの一つだろう。

リピートして行きたくなるお店…何かコンセプトがあるはず。

「洋服を“ただ着る”じゃなくて、“楽しむ”ものにしてほしい。毎日着るものだから楽しみたいですよね。そういう思いがあって、うちの店の服は“デイリーウェア”として毎日着れるようなものをおいてるんです。ファッションを楽しむってことを忘れたくないので。」

「食事と一緒じゃないですか。毎日食べなきゃいけないけどずっと同じもの食べてもつまらないでしょ?たまには贅沢していろんなもの食べたり今日は気分換えてみようかなって。ファッションも同じですよね。こういう思いがお店のコンセプトにつながっているんだと思います。」

メインは洋服だが、生活のスタイルを切り取っているとのこと。
LaSENの店内のレイアウトもこだわりが感じられる。ぜひ皆さんも行って直接見てほしい。

最後に、お店の名前。
書き並べてみると気付くことはないだろうか。
(僕は書き並べるまで気づかなかった…)
「lotusleaf」「LaSEN」「Circle」「Heritage Store」「スパイラル」(現在は閉店)


「lotusleaf」これは中野さんの地元、岩国でも有名な蓮、蓮の葉から付けられた名前。
そして、
「LaSEN」「スパイラル」螺旋(ラセン)
「Circle」サークル
「Heritage Store」heritageを和訳すると“遺産”、“受け継がれる”

これらすべて、“循環”にまつわる店名になっている。
洋服も繰り返し大切に、楽しみながら、そして毎日着るもの。

洋服とお客さん、お客さんとお店、お店同士、お店から地域など、ファッションを通して様々な「つながり」が生まれる。ファッションという文化も受け継がれながら、そして少しずつ変化しながら循環していくものなのかもしれない。

中野さんのファッションや服に対する思いを聞くと“服”は着るだけではなく楽しむもの、そして色々なつながりをもたらしてくれるものだと感じた。

「これでいい、じゃなくて、コレがいい。毎日着るものだから楽しまないと。」

そんな中野さんでも迷うことはあるそう。

「純粋に好きってだけじゃやってけない。壁にぶつかった時に、自分はホントにこれがやりたかったの?って思う時もいまだにあります。」

「だからゼロか10で考えるんじゃなくて、この歳にしては服が好きな方かな、くらいの思いで。それくらいで腑に落とすというか。別に1番好きじゃなきゃいけないってことはないから。」

何年もセレクトショップをやっていても、悩むことが無くなることはないと言う。
「多分ずっと考えると思います。でも、1人じゃなくてスタッフにも恵まれてるから相談もできる。目指すところじゃなくて成るものじゃないですか。」

笑顔でそう話してくれました。中野さんの人柄に惹かれる人も少なくないはず。
リピーターが多く、長年周南市で愛されているlotusleaf。
中野さんの思いを聞いてまた、行ってみようと思う。皆さんもきっと自分の好きな1着を見つけられるはず。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ばやぴ
ライター初心者だけど、思ったこと感じたことをそのまま伝えたい! 人と話すことと、お洋服が好きです。 よろしくお願いします😶