見出し画像

古民家に卓上レーザーカッターを導入

僕ら「ひらめきドア」はデジタル・ファブリケーションツールをふくめた「ものづくりを楽しむ場所」を、地域内で分散的に増やし、つなぎたいなと思っています。

と言っても、立派なことは何もできてなくて、じわじわ、自分たちにできることを少しずつという感じですが。分散型ものづくりネットワークに近づく第一歩として、板橋区内で、ドラマなどの撮影にも使われている古民家「若木の家」にレーザーカッターを設置しました!

レーザーカッターの組み立てと動作テスト

画像1

組み立て式の卓上レーザーカッターを開封。

画像2

組み立てます。

画像3

画像4

画像5

これまで「おとなりスタンド&ワークス」で3Dプリンターを遊んできましたが、今後はレーザーカッターもいろいろ使ってみたいと思います。

画像6

画像7

まずは、何かを作る前に設定の確認。レーザーの光の強さやヘッドの移動スピードなどの制御を試しながら、どの素材を切るのにどれくらいの設定が必要なのか、といったことを確かめていきます。

画像8

板橋の形はMDF合板、右の歯車はダンボールのカット。ダンボールがすごくいい感じで、わくわくが広がりました。

画像9

位置がずれてるけど、クッキーに絵を描いてみたり。

今後、少しずつ、使用感などもまとめてみます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
6
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

こちらでもピックアップされています

ひらめきドアの活動
ひらめきドアの活動
  • 62本

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。