見出し画像

3Dプリンタ講座やりました

最近、報告していなかったので3回分まとまってしまいました。おとなりスタンドでの3Dプリンタ講座をやりました。

講座で配る簡潔なハンドアウトは、もう最初からずっと変わらないのですが、紙に書いていないでやることは、毎回、その場の人の関心や時間の余裕などで変わっています。

画像1

そんななか、今回は、ノートPCを持ってきてくれた方がいて、出したいデータも明確だったので、その場でプリントまでやった回がありました。冒頭の写真がそれで、プラレールと、ドイツのプラレール的な木のおもちゃのレールを連結させるジョイントです。Thingiverseで公開しているデータをプリント。満足度がとても高かったようです。(金ピカなのは、このとき金フィラメントをつないでいたから、というだけの理由です)

画像2

最近はTinkercadをさわりはじめ、講座を子ども向けにもできるかも、という気持ちが強くなってきました。ミニ玩具の出力などふくめて、今後、挑戦してみたいかも。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
1
東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。