YAMADA NAGAO
【疑問】感染症対策に筆記用具の持ち込みはあり?【衆院選】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【疑問】感染症対策に筆記用具の持ち込みはあり?【衆院選】

YAMADA NAGAO



そういえばそうやね



市職員が鉛筆1万本削る

感染症が大流行してなかったら、まったく気にしてなかったかも。

投票は、数年に一回ある程度でまったく意識していなかったが、『置いてある鉛筆』で必ず書くべきだとずっと思っていた。

感染症対策のために、持参した筆記用具で書いていいのか、気になったので調べてみた。



各自治体の回答

スクリーンショット 2021-10-20 022539
スクリーンショット 2021-10-20 022508
スクリーンショット 2021-10-20 022633

自治体によって回答の表現は異なっていたが、基本持ち込みはOKだった。



選挙投票用紙「ユポ」

ボールペンも可とのことだが、インクがにじむ可能性があるため、水性はとくに非推奨だそうだ。投票用紙は、普通の紙と異なる材質『ユポ紙』が使われている。

『ユポ紙』で有名な特徴といえば、開票時に自然と閉じた紙が開くことだ。この性質のおかげで投票時間がだいぶ短縮した。

この特別な紙は他にも特徴があり、鉛筆で書くと色濃くなる。

持ち込む場合は、にじんで無効票になるかもしれないボールペンより『鉛筆』のほうが良さそうだ。



さいごに

市職員が一本一本鉛筆を削ってるだなんて、それこそ税金のムダ使い。もっと市のためにやるべきことがあるはずだ。

数年に一度のことだし、感染症対策のためにも、今回からは持ち込んで、自分の鉛筆「マイ鉛筆」で投票しようと思う。

たかが一票、されど一票。

持参の鉛筆で投票したほうが、一票の重みが増える気がする。



#投票 #期日前投票 #選挙 #投票用紙 #ユポ #ユポ紙 #鉛筆 #インターネット投票 #持ち込み #持参 #私たちの選挙






余談「インターネット投票について」

「若者のために、インターネット投票を促進すべきだ」

ネットやマスコミが声を大にして叫んでいるが、私は反対だ。

今の投票方式でさえ、不正だ不正だ!と負けた陣営が騒いでいる。インターネット投票なんてしようものなら、もっと大きな騒ぎとなるだろう。


実際、先のアメリカ大統領選挙では、「はがき投票で改ざんが行なわれた。投票をやりなおすべきだ!」とトランプ陣営が裁判を起こした。

インターネット投票もかならず改ざん疑惑騒動が起きるはずだ。

たしかに投票所へ行くのは面倒だ。しかしわざわざ足を運んで投票するからこそ、一票の価値が増すというものである。


高齢者や入院患者など、投票所に行けない人限定のインターネット投票ならアリだが、有権者一律のネット投票には反対を表明する。

ワクチンさえ信じない人が多いのだ。ネットを信じるわけがない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YAMADA NAGAO

サポート大歓迎。コメントは基本不要です。どうしてもコメントしたい方は目次を参考にしてください。

YAMADA NAGAO
自称文人、ヤマダナガオです。どうぞよろしく。【年齢・学歴・資格】非公表。