見出し画像

百物語83話目「だ~れ~」(実話怪談)

私の電子書籍「帰りゃんせ」の読書会が浅草橋であった話は、前に書きましたが、

このときにも、いくつか怪談を収集しておりました。

参加者のひとりの男性が、学生の頃に廃屋探検をしたことがあるそうです。どう見ても和風な作りのその廃屋の一室を通ったとき、視線を感じて振り返ると、和室には不似合いなくらいの大きな洋画が飾られていました。

その洋画に描かれていたのは、恐ろしいほど痩せて、目ばかりがぎょろぎょろしている女の人。視線が合った途端、廃屋から逃げ出したんですが、とても怖かった洋画だそうで。

幽霊が出たというわけではないけれど、不気味です。はたして、本当に絵だったのか?

その廃屋も、いまや壊されてなくなってしまったというので残念です。

そして、もうひとつはノベルジャム編集人のひとり波野さんから聞いた話。

波野さんが学校のキャンプに行ったときのことです。

夜中、みんなで雑魚寝している部屋で寝ていると、金縛りにあいます。

すると、部屋に入ってくる女の気配。確実に生きてる人間のものではありません。

波野さんは布団の中、必死で寝たふりをして震えていました。

なぜなら、その女の幽霊が

「だ~れ~、だ~れ~」

と、低く呻くように言いながら、ひとりひとりの枕元を覗いていくからです。

誰というのは「寝ていない子は誰?」と起きてる子を探しているためのセリフのようだったとか。

それで、実は起きていた波野さんは死ぬ気でたぬき寝入りをキメたわけです。

おかげで、起きてることがバレずに済んだそうです。よかったよかった。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありあり~!
12
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!90万再生超えてるのが2作あるよ!

こちらでもピックアップされています

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など
NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など
  • 425本

このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー」8名が参加予定です。公式サイトはこちら。 http://www.noveljam.org/ #NovelJam #ノベルジャム

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。