見出し画像

百物語78話目「エレベーター対決」(実話怪談)

事故物件ってふたつの意味があるの知ってる?

人が死んだのと強盗に入られたののふたつ。で、同じ条件なら、人は強盗に入られた部屋を避ける。だって、実際に危ない要素があるってことだからね。泥棒に目をつけられる要素ってあるんだよ。だから、そこは避けるってのは論理的だと思う。

これは似た話かもしれない。

今日、お昼にランチをした高校の後輩は、つのだじろ先生も担当したことがあるディレクターさん。

美味しいハンバーガーを食べながら、怖い話はないかと聞くと、近所に億ションの走りのようなビルがあったけど、そこは元刑場で、見える人が見ると、もりもり霊体がいるらしい。

特にエレベーターが悪くて、長い髪の毛が扉にべっとり張り付いていたこともあるそう。

その話を聞いたとき、私はあることを思い出した。

修羅の国の話だ。

広告代理店で働いていたとき、クライアントさんのビルにいったんだけど、そこのエレベーターに乗ったときに、先輩が言った。

「ここさ。前、やくざの親分が住んでてさ。エレベーターに乗ってるときに刺されたんだよね。で、このエレベーターが壁から天井から血の海になってさあ」

前者と後者、どっちが怖い?

私は住むなら、億ションうんぬんよりも、身の安全のために前者がいいなあと思った。

まあ、修羅の国あるあるなだけどね。

このお話を気に入ってくれましたら、投げ銭代わりにノベルジャム参加作品「帰りゃんせ」をお買い上げいただけると喜びます!怪談作品です!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありあり~!
14
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。