見出し画像

百物語50話目「チューリップのサボテンの花」(実話怪談)

タイトルの意味が瞬時にわかるのは、一定年齢以上だな。

私の娘・むっちゃんの父親の養母が自殺した。

その日、私の実家では私が送ったサボテンが、長い年月をかけて初めて大きく花を咲かせていた。

その話を聞いて、

「そうか、これは寿命だったか……」

と思った。

自殺にも寿命があると思っているから。

で、そのサボテンの花は、数日前から蕾をふくらませていた。

もちろん。そのことを知ったのは、後からだ。

チューリップは博多が生んだ偉大なるミュージシャンだ。彼らの曲で有名なのは「心の旅」とかかな?

でも、「サボテンの花」も名曲だ。

あまりにチューリップは地元で人気があるので、駅のテーマソングになっている。

私たちの住む駅のテーマソングは、しばらく「サボテンの花」だった。

たぶん、魂になって孫に会いにきたと伝えたかったのだろう。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありあり~!
6
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!100万再生超もあるよ!