見出し画像

百物語63話目「神社サークル」(実話怪談)

福岡では年末年始に美内すずえ先生の展示会があるらしく、地下鉄にはポスターがでかでかといくつも貼られています。

「ガラスの仮面」世代ですが、美内先生ががっつりスピリチュアルに転んだのを見て、「ああ、いってしまわれた」と思ったものです。

そして、一時期美内先生は、とある写真家と親しくしていたときがありました。後に亀裂が入り、もめるのですが。

その写真家は不思議な光が写り込む写真を撮ってたんですよ。デジタルに詳しい友達がその写真を見せてもらったけど、「細工はなかった」と言ってた。

そう、この光が写り込む写真って、とある神社でばかり撮られてるんだけど、それは福岡にあるんですよ。

で、その友達がその神社に私を連れていってくれた。

大きなご神木があって、確かに綺麗な(空気的に)ところ。

スピリチュアル界では有名で、ときどきぞろ引く衣装をきた人が、変な舞をしてるらしい。そう言えば、都府楼跡にもいたなあ。

で、その神社ですが、

「ここ、神社サークルあったんだよね」

と、友達が言うんです。

なんでも、神社から神社を渡っていって、石でサークルを作る儀式をする人たちがいて(そんな大きなものじゃないですよ)、それをそこでも発見したことがあるそうで。

その話を聞いて、あ!と思い出しました。

うちの近所の神社でも見たことある!!

強い神社として紹介したあそこ、ね。

本当にいるんだ。そういう人たち。

それがぞろ引く衣装を来て舞い踊る人たちと同じ種類なのか、それとももっと意味があって神社を渡っていく人たちなのかはわからないけど、結構昔からいるんだと思う。

だって、私が小さい頃に見たものだから。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありあり~!
11
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

コメント2件

美内先生。(笑)
ガラスの仮面の続きが描けなくて、仏師に、梅の木で仏像を彫らせたりしてましたよね。(●´ω`●)

アシスタントが眠くなると怪談を始めてくれるとか、不思議な話がいっぱい!(●´ω`●)
アマテラスあたりに、どっぷりあっちの世界へいかれてました。このままではガラスの仮面が完結しない(実際数年止まってた)と思ったけど、続きが出てほっとしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。