百物語65話目「わらわは姫じゃ」(実話怪談)
見出し画像

百物語65話目「わらわは姫じゃ」(実話怪談)

日野光里

以前に「能力を閉じる話」で出てきた、居候をさせてもらっていた友達の話。おばあさんが「わらわは姫じゃ」と言い出して、拝み屋をしていた人ね。

そう言えば、私のまわりには「世が世ならお姫様」って人が3人いた。

ひとりは秋月城関係、ひとりは橘家、ひとりは遠賀の子。疳の虫に出てきた友達ね。

彼女は先祖が城攻めにあったときに、犬が逃げ出して、抜け道を敵に教えたために滅ぼされた一族で、代々、犬を飼ってはいけないと言われていた。

で、冒頭の「わらわは姫じゃ」の友達から聞いた話。

彼女が今の夫とデートで四王寺山に夜景を見にいったとき。どこからか、女の高笑いが聞こえてきたらしい。さすがは四王寺山だ。(その手の噂が絶えないところだよ!古戦場だからね!)

で、彼女は慌てて車に乗ると、窓を閉め、扉も全部ロックした。恋人を外に残したまま。

彼にも笑い声は聞こえていたらしく、どんどんと窓を叩いたけど、

「怖いから、開けられなかった」

そうだ。

彼は大変、青ざめていたそうである。こんなことがあっても、結婚したから良かった。

彼女の話をもうひとつ。彼女のおばさんが病院に入院してたときに、幽霊が出たそうだ。以前書いた幽霊みたいだな。

で、その部屋にはふたり入院していた。幽霊が出た途端、ふたりとも金縛りにあって動けない。

それで、友達のおばさんは「何妙法蓮華経」を唱え、その隣の人は「南無阿弥陀仏」を唱えていた。そしたら、隣の人の方へ幽霊はいったそうだ。

そりゃあ、幽霊にも宗派があるよね。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありあり~!
日野光里
ゲームのシナリオライター。ディアラバ、ダンデビ、イケメン戦国等乙女ゲーム多め。youtube動画シナリオも書いてるよ!170万再生超もあるよ!怖い話も書籍に載ってるよ!5月末から発売のシチュCD「SweetSlowlyLife」駐在編住職編脚本担当!