百物語42話目「桜井神社」(実話怪談)
見出し画像

百物語42話目「桜井神社」(実話怪談)

日野光里

風水教室に通っていたとき、先生が「福岡でパワースポットと言えば」と、都府楼跡と桜井神社を教えてくれた。

糸島にある桜井神社は地元でも結構有名だ。

不思議な話もよく聞く。

実際、行ってみて思ったのは空気が清浄ってこと。

この感覚は出雲大社に行ったときにも感じたもの。

掃除した後の部屋の空気にソックリ!

で、出雲大社と同じものを桜井神社でも感じた。

きちんと手が入っている神社は違うんだなあ。

私が聞いた桜井神社の話はふたつ。

ひとりは何十年かに一度の開帳の日に行ったときに、落ち武者の姿が見えたそうだ。

もうひとつは、実は同じことを何人にも聞いた。

桜井神社は奥宮があって、そこが伊勢神宮と同じ造りらしいんだけど(ここの空気が違うのだよ!)、そこに行く途中に大木がふたつある。

その片方が「しゃべる」と言う。

直接話しかけてくることもあるし、手を幹に添えると話しかけてくるらしい。

まあ、私は何もわからなかったんですけどね。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

2話も更新!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またきてねー!
日野光里
ゲームのシナリオライター。ディアラバ、ダンデビ、イケメン戦国等乙女ゲーム多め。youtube動画シナリオも書いてるよ!170万再生超もあるよ!怖い話も書籍に載ってるよ!5月末から発売のシチュCD「SweetSlowlyLife」駐在編住職編脚本担当!