大学院生が学部生にいま伝えたい15のトピック 2020年版

はじめに

 高校までとは180度変わって、大学ではあらゆることを自分で決めなければならない。あまりに落差が大きいので、何をしたらよいのか悩むと思う。私たちもそうだった。そこで、大学生活のヒントになればと思い、現在は京大院生の私たち2人が学部時代にやってよかったことや、やらないで後悔していることを15のトピックに分けて書いた。
 私たちもここに書いたトピックの重要性に入学当初は気づいてなかったが、少し年月を経て、今ではその重要性をひしひしと感じている。この文章を読んだ後は、半信半疑でもよいからトピックの実行をしてほしい。百聞は一見に如かずで、各トピックの大切さが鮮明に実感できるはずだ。
 このNoteは飲食店のサイドメニュー1品ぐらいの価値はあると自負していて、有料とさせていただいた。奇数番号はくもたろうが、偶数番号はオミズが書いた。この文章がいつか・何かのきっかけになって、皆さんの大学生活がより濃密なものとなることを願ってやまない。

この続きをみるには

この続き: 8,893文字

大学院生が学部生にいま伝えたい15のトピック 2020年版

ひねもす研究登山部

298円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
ひねもすがら「気象」や「水」の研究したり、登山している京大修士課程の2人でやってます。 気象の人(くもたろう):理学研究科、水の人(オミズ):工学研究科所属です。 https://www.youtube.com/channel/UCzov_o5BdmrjEjjzn12P43A/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。