見出し画像

こうすれば中高生が月額課金制で課金するのでは?という考察

NewsPicksさんにこんな記事がありました。

この記事の中に、こんな部分があります。

今や、NetflixやSpotifyなどのデジタルコンテンツだけでなく、ソフトウェアはもちろんこと、デバイスや自動車までが、月額課金のサービスとして提供される動きが、顕著になってきた。
ーーNews Picks

 現在はデバイスや自動車までが月額課金制のサービスになりつつ有るというのには驚きました。

今回僕が考察したいのは

「中高生にとって、月額課金制はどのように映るか」

と言うテーマです。

問題点を明らかにして、最後には一人の中高生としてこんな風になればいいなという願望も込めて解決策も書かせていただきました。長いですがぜひ最後までお読みください!

中高生層に対して優しいことをユースフレンドリーと言いたいと思います。(カッコいい言い方するとモチベが上がるので)

〜中高生にとってサブスクリプションはどう映る?〜

以前書かせていただいた「現役高校生のメルカリ、インスタ消費論」にて経緯等を詳しく説明させて頂きましたが、これまでの高校生がモノに対してお金を払っていたのに対し、最近の高校生は体験消費や循環消費を通じて価値に対してお金を払うようになりました。月額課金制のサービスもモノではなくサービスという価値の提供を行うので、一見高校生はサブスクリプション制でお金をはらう事に対してもあまり強い抵抗感を持っていないように感じられるかもしれませんが、実はそうではありません。

中高生にサブスクリプション制度を敬遠させている「ユースフレンドリーじゃない」要素はなんでしょうか。

それは、

①価格が高すぎる点
②決済方法に問題がある点
③価値を消費出来るサイクルが決められている点

の3つです。一つずつ考察していきます。

その後、

④これらの問題の解決策

を書きたいと思います。

〜①価格が高すぎる点〜

高校生のお小遣いに関するグラフです。

画像1

これを踏まえて各種月額課金制のサービスの価格を見てみましょう。

この続きをみるには

この続き: 3,887文字 / 画像1枚

こうすれば中高生が月額課金制で課金するのでは?という考察

ひなた

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートよろしくお願いします! いただいたお金は、本かご飯に使わさせていただきます!

💓
168
早稲田大学政治経済学部に通っています。プログラミング学習とギターと数学と英語をやって自粛期間を過ごしてます。 いろいろ書きます。ジャンルは、政治、経済、哲学、ビジネス、トレンド、エトセトラ。小説を書きたいと思って早2000年がたちましたが、圧倒的実力不足で小説はかけてません。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17318本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (7)
それな!と言いたい感じです。企業としてはこの市場を開拓することにはそれほどメリットを感じてないのでしょうね。学割がLINEミュージックしかない事実もそれがよく表れていると思います。この中で中学生で利用し始めるサービスなんてLINEくらいなので「まあこの層にも学割してやるか」って思うのはLINEくらいですよねw若者がめちゃめちゃでかいトレンドを呼んで大人まで巻き込むような時代が来たら企業も歩み寄ってくれるかな、、、、?
LINEはthirdpartyってでかいデータもっててそこでデータドリブンしてるぽいですね!
ターゲットを細かくセグメント分けして中高生がお金落とせる価格帯のサービスラインをあんな感じで提供できるんでしょうね!
親がサブスクに加入しつつ、家族も使えるというのはあると思うんですが、親が管理してるのがたぶん嫌ですよね。親に干渉されない仕組みがあればいいんですが、お金払う側の親が管理しやすい仕組みのほうが今のところ好まれてますね。。
同一アカウントに複数デバイスで接続すると履歴やらオススメやらが共有されてしまうので嫌ですが、そういったものが共有されないのであれば非常にありがたいなぁ、と思います。「家族プラン」がそれですかね?

現役高校生の親の層はやはり「テレビ世代」ですのでデジタルコンテンツを見るのにお金を払うということ自体に抵抗があって家族プランに加入してくれないというのも結構あるんじゃないかな、と思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。