見出し画像

『龍が如く7』と『ロストジャッジメント』の舞台へ

湊ひなた

Twitterにたくさんの写真を貼るのもあれなので、『note』をはじめました!
(聖地巡礼の写真たちは後半にまとめてのせています)


作曲家、編曲家の湊ひなた(Hinata Minato)です。
Twitter: https://mobile.twitter.com/_hinataminato

最初に書くのが音楽やDTMについてではなくて、ゲームについてになったことは自分でも驚いていますが、活動の中心の場Twitterでは話し切れていないゲーム愛があふれているので、そういうのも語れたら…と思います。

もし需要があれば、音楽も。


【前置き】です。
東京の音楽友達に誘われて『M3-2022秋』という「音系・メディアミックス即売会」へ遊びに行ってきました。
Twitterでは繋がっている方が販売側で参加しているのは知っていたので、見学したり、話しかけられずに遠くからひっそり見守ったりしてきました。緊張したけれど、楽しかったです。


そしてそして、「東京に行くなら、観光に絶対あそこへは行ってみたい!!」と、『龍が如く』の舞台、神室町のモデル「東京 新宿 歌舞伎町」と、伊勢佐木偉人町のモデル「神奈川 横浜 伊勢崎町」へ聖地巡礼の旅をしてきました!

『龍が如く』シリーズを知ったのはあるゲーム実況者さんからで、自分が初めてやったのは「キムタクが如く」という愛称でも有名(?)な『ジャッジ』シリーズの「ロストジャッジメント」でした。
その後に「龍が如く7」と続き、「龍が如く0」、「龍が如く 極」をプレイしました。
「龍が如く8」は「7」の続きなみたいなので、発売を今から楽しみにしています。


【本編: 神室町編】です!
サクサクっと実写とゲームの映像を貼っていきます!

歌舞伎町のシンボル?的な印象的なゲート
『龍が如く7』そのままだー!!
こっちは『龍が如く0』


ゲームでお世話になったドン・キホーテ
『龍が如く0』ではドラクエ3的なゲームをゲットする為に走り回るサブストーリーがありましたね


カラオケ館
「ばかみたい」は名曲
『龍が如く7』ちゃんと中に謎の象が!



歌舞伎町の真ん中(?)にそびえたつ!
『龍が如く7』ミレニアムタワー!!雰囲気はあまり似ていませんが、実物を見た時は「ほんとに龍が如くの世界にきたんだな…」とひたってしまいました


入り口のゲートを逆側から!
『龍が如く7』良い感じのゴチャゴチャ感の再現度がやっぱりすごい


【伊勢佐木異人町編】

『龍が如く7』はここからが始まり!空き缶拾いの受付がある駐車場
『龍が如く7』そのまま!


駐車場から川沿いに、コミジュルは電気盗んでませんでした
『龍が如く7』


氷川丸
『ロストジャッジメント』では爆破されてましたね


個人的にある意味一番テンションが上がったのは…
この自販機の再現度!
高確率で500円玉が拾えるんですよね


その自販機から道沿いに歩くと…
素潜り大将とエンカウントした場所です


うみねこ座のモデル!
龍が如くってミニゲームがとにかく多いのが楽しいですよね


ゲーム内ではこの辺の背の高い建物、全部自分のものだったのになあ…


一番ホールディングスが入っている建物だったり、ロストジャッジメントでVRすごろくができる施設だったり、中華街だったり、他にもいろいろゲームそのままのものがたくさんあって、『ゲームの世界に入り込む』、そんな体験ができてほんとに楽しい散策でした。


【最後に】
話は変わりますが、こう、「脳に直接信号を与えて〜」みたいな感じでゲームの世界に入り込めるようになるのはいつの日なんでしょうか。
きっと中々高額な商品になると思うので、その日を待ちながら貯金していきます。


せっかくこうやって『note』を書いたので、更新は未定ですが他のゲームについてふれてみたかったり、音楽について語ってみたかったり。

読んで、見ていただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!