見出し画像

良質な睡眠、取れていますか??

こんにちは、看護師の橋口です。
今回は睡眠についてのお話です。

猛暑が続き、寝苦しい夜が続いていますね。
みなさん、「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか?
近年、睡眠不足が肥満・糖尿病・高血圧などの生活習慣病につながるほか、風邪をひきやすくなったり、
がん・鬱病・認知症など、さまざまな病気のリスクが高まることも分かってきました。

「睡眠は最高の美容液」と言われるように、美肌にとっても睡眠は欠かせないものです。
一昔前まではお肌のゴールデンタイムは22時から2時と言われていましたが、最近は入眠後90分が重要だと言われています。
眠りはじめの90分の質を上げることが健康や美容にも良い結果をもたらすのだそうです。


★質のよい睡眠をとるためにすると良いこと★
1、起床後すぐ太陽の光を浴びて、体内時計をリセットする。
2、日中に散歩、または軽い運動をする。
3、寝る前2時間までに入浴する。(すぐに寝る場合はぬるめの入浴かシャワーにする)
4、夕食は寝る2〜3時間前までに食べる。
5、寝室の照明を落とし、快適な温度・室度を保つ。
6、寝る前30分前からはスマホの使用を避け、考えごとをしない。


睡眠不足を感じている人の中には「睡眠時無呼吸症候群」という病気が隠れていることがあります。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、太った男性がかかる病気というイメージがあるかも知れませんが、太っていなくても、痩せていても、女性でもかかる病気です。
それは、顔や首まわりの形体的特徴がその発症と強く関連するためです。
当院では睡眠時無呼吸症候群の検査も実施しております。気になる方はお気軽にお声掛けください!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。