新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

正しい知識で熱中症を予防しましょう!

こんにちは、看護師の橋口です。
ようやく梅雨明けをして暑い日が続いていますが皆様、体調を崩されてていませんか?
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、ソーシャルディスタンスの確保、マスク着用、手洗いを行い感染予防をすることが推奨されています。
そんな中、本格的な夏を迎え熱中症の患者様が増える時期となりました。
今回は新しい生活様式の中で必須となっているマスク着用時の熱中症予防のポイントについてお話します。

◇マスク着用時の熱中症予防のポイント!◇

1 マスク内に湿気が溜まって、のどの渇きが感じづらくなっていますので、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。
※目安は1日1.2リットル程度です。

大量の汗をかいた場合には、塩飴やスポーツドリンクなども摂取しましょう!!

2 屋外で人と人との距離を2m以上とれる場合には、マスクをはずしましょう。

3 マスクを着用している場合には、強い負荷の運動や作業をしないようにしましょう。

4 周囲の人との距離をとり、マスクをこまめにはずして休憩しましょう。


お年寄りや子どもは熱中症にかかりやすいと言われています。
周りの人が気を配り、変化に早めに気づいてあげることが大切です。

コロナウイルス感染症の予防とともに熱中症にも十分注意して楽しい夏を過ごしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。