Six Action Army - Man 悪魔のガンマン

 タンブルウィードの転がる小さな宿場町を、危険なアウトローの集団が支配していた。彼らを率いるリーダーが、町の広場で絞首刑に処された保安官を、銃の的にして辱めている。サルーンからはアウトローどもが凌辱する町娘たちの悲鳴が漏れ出ていた。

「31、32……34人か。どうだ」

宿場町の見張り塔の上で、俺は右手でスマートグラスを外しながら左手の腕時計に話しかける。

「"再装填"後の戦闘力であれば成功率は87%、少し危険ですが、気にしないでしょう?」

「……五体満足での成功率は?」

「13%です。気にしますか?」

「まさか」

 俺はホルスターのエングレーブド・SAAを抜くと、シリンダーをスイングアウトし、弾を込めた。1発、2発……6発。この6発で34人を殺す。できなければ、俺はこの銃に殺される。

「再装填(リロード)!」

シリンダーをスイングインした瞬間、俺の皮膚は黒く染まり、額から角が伸び……俺は悪魔と再契約した。


-つづく-

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本におけるパルプ小説ライター界の新鋭。 代表作に『(代表作が完成次第ここに表記)』、『(左の代表作ほど有名ではないが個人的に自信のある作品をここに表記)』などがある。20XX年Y月、(受賞後表記)賞を受賞。お仕事のご連絡は以下へ。ariryu72@gmail.com