古代史構想学 入門編(3)

今回は私が古代史にはまる直接のきっかけとなった仲間との宮崎旅行を紹介したいと思います。

このツアーのテーマは前回でも書いた通り「神話の里を訪ねる旅」でした。
1泊2日のツアーは、熊本空港から高千穂へ入って天岩戸神社や高千穂神社を参拝して高千穂で宿泊、翌日は延岡へ出て海岸沿いを南下、西都原古墳を見学して宮崎空港で解散、という行程だったと記憶しています。

このツアーは、自分の脚で現地へ赴き、自分の五感で感じ、自分の頭で考える、いわゆる実地踏査の重要性を認識した貴重な体験となりました。結果的にこのツアーで感じて考えた多くのことが自分の仮説を補強することになりました。例をあげてみます。

熊本から阿蘇を抜けて高千穂へ入るルートを辿ったことで、高千穂の地が阿蘇山と眼と鼻の先であることが確認できました。その後の勉強で、阿蘇の北側に弥生時代に大規模な戦闘があったことを想定させる数多くの遺跡が存在することを知り、魏志倭人伝に記される女王卑弥呼が統治する倭国と南九州の狗奴国による戦闘の痕跡ではないかとの考えを持つに至って、高千穂は狗奴国が大本営を置いた場所である、と考えるようになりました。また、地図で見ると山間の狭い土地だと思っていた高千穂は意外にも水田の広がる豊かな土地でした。南九州から北進してきた狗奴国が拠点を設けるには十分な場所です。

画像1

パワースポットでも有名な高千穂では、天岩戸神社の奥にある天安河原を流れる小川からパワーを受けて、ここに神々が集まったという話を創作した古代人の感性に感心しました。一方で、高千穂は神話のテーマパークだと言った同行メンバーの言にも頷かされたり。神話が先か、出来事が先か。これは古代史を解き明かすときの重要なポイントなのです。

画像2

高千穂神社では、神武天皇が馬に乗って東征に出発しようとする姿が眼に浮かび、狗奴国の王が神武天皇であり、狗奴国は倭国に勝利した結果として次に東を目指したのだ、と考えるようになりました。そして後日に地図を見て、高千穂から日向灘に流れる川の名(五ヶ瀬川)が神武の兄の名前(五瀬命)と同じであることに気がつきました。

画像3

高千穂のホテルで夕食をとった後に高千穂神社に戻って観た夜神楽は、この地で代々に渡って脈々と神様の話が受け継がれてきたことを強く感じました。これは創り話としての神話を体現するためのものではなく、この地で起こった何らかの史実が神話に取り込まれたことを自慢する、あるいは祝うためのものではないかとすら考えるようになりました。それにしても、そこそこ広い会場が老若男女でいっぱいだったのには驚きました。

画像4

翌朝は4時に起きて前夜に予約しておいたタクシーで国見ヶ丘へ行き、祈る気持ちで待った甲斐あって、朝焼けに輝く雲海を眼下に拝むことができました。この時の感動は忘れられないなぁ。神様はいるんだ、とまでは思わなかったけど。

画像5

最後に訪ねた日本最大級の古墳群である西都原古墳群、ここでは古墳の数に圧倒されました。弥生時代から古墳時代にかけて、この日向の地に当時の日本最大と言ってもいい一大勢力が存在した事実を認めない訳には行かず、南九州を支配した集団、すなわち狗奴国の王族の墓域であると確信を持ちました。西都原考古博物館の展示も見事でした。

画像6

こんな感じで現地で感じたことや考えたことを取り込みながら自分の仮説が形成されていったことで、古代の日本(いわゆる大和政権)が成立したプロセスを解き明かしたい、という思いが強くなっていきました。そういう意味でこの宮崎旅行は、準備段階で徐々に充填されていった古代史エネルギーに点火された瞬間だったと言えます。

実はこの宮崎旅行の直前、ツアー企画メンバー3人で大和の纒向遺跡を訪ねました。次回はそのお話を。


⇒ 古代史構想学に基づいてまとめた古代日本建国の仮説「古代日本国成立の物語」を電子出版しました。是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
7
仕事をしながら古代史を学ぶ自称「古代史勉強家」です。全国の遺跡や神社、歴史博物館を巡っています。博物館好きが高じて学芸員資格を取りました。古代史の学びを通じて人生を充実させたいと思います。こちらも是非ご覧下さい→https://blog.goo.ne.jp/himiko239ru

この記事が入っているマガジン

古代史構想学(入門編)
古代史構想学(入門編)
  • 16本

ともに古代史を学ぶ先輩が私たちの学びを「古代史構想学」と名付けました。空想でも妄想でもなく構想です。ディテールの研究は専門家に任せる。その専門家の研究成果を拝借しながら自分の考えを論理的に組み立てて古代史の骨格を構想する。それが「古代史構想学」です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。