見出し画像

ドライブ行きたいね:東伊豆編

世界的にStay Homeな毎日。お家でまったりするのも悪くはないんですが、そろそろ、ちょっと退屈かな~と思う今日この頃^_^; 重たいネタが多いこのnote。たまには楽しい話題を!ということで、コロナが落ち着いたら、また行きたい東伊豆の思い出に浸ろうと思いました。(ちなみに、現在は殆どの施設がcloseですし、「エア」ドライブで我慢ガマン👍)

画像1

ドライブルート:熱海経由または箱根方面から
関東や中部地方の愛犬家さんにはよく知られたエリアだと思いますが、伊豆には愛犬連れで楽しめるスポットがたくさんありますよね。熱海からクルマで南に約1時間の伊豆高原には、ワンコも楽しめるレストランやホテルなどが集中しています。

都内からは東名厚木インターから小田原厚木道路を経由して、西湘バイパスに入るルートが一般的かな。お出かけシーズンは、西湘バイパスに入る早川ICから石橋IC間の渋滞が激しくなるので、早めの出発がおススメです。

または、箱根にまわって十国峠にあるドッグランで富士山を眺めた後、伊豆スカイラインを利用するのも良いと思います。

ちなみに、制限速度70キロの「オダアツ(小田原厚木道路)」。くれぐれも、安全運転で!(覆面パトカーもたくさんいますよ〜)

画像2

東名高速道路でのトイレ休憩:上りは足柄か鮎沢、下りは海老名で
愛犬とのドライブで心配なことのひとつはトイレかな?東名の場合、上りには足柄SAと鮎沢PAにドッグランがあるので、厚木ICで降りる前に休憩できます。下りは厚木より先の足柄SAまでドッグランはありませんが、海老名SAには「わんちゃん遊歩道」があります。

画像3

リードは必要ですが、軽いお散歩とトイレを済ませることができます。愛犬家のドライバーはSA入り口近くに駐車すると便利だと思います。人間用のトイレや自動販売機なども近くにあり、比較的空きスペースも多いので。

画像4

伊豆高原:ワンコと一緒に楽しむご飯 & アクティビティ
西湘バイパス石橋ICまたは伊豆スカイラインで箱根から、順調にいけば(渋滞が多いですが…)1時間半ほどで伊豆高原に到着します。ご存じの方も多いと思いますが、国道135号線沿いの右手に「愛犬の駅」が見えてきます。

画像5

ここには、カフェレストラン、屋外・屋内のドッグラン、おやつや用品などのグッズショップなど、犬のための施設が揃っています。

画像6

レストランには、テーブルの近くにリードフックが備え付けられています。ドッグカフェにはよくありますが、ここは一段高くなった犬専用席(?)も設けられていて、目を合わせられる位置で一緒に食事が楽しめるのはありがたい気遣いです。平蔵と一緒にご飯を食べてる感が嬉しいです。

画像7

ちなみに、↓これは「釜揚げしらす丼」

画像8

こちら↓は、「ローストポーク丼」

画像10

また、約1500平米のドッグランには、ハードルや平均台などのアジリティ施設もあり、ドライブでちょっと退屈したワンコが思いっきり走り回ってリフレッシュできます。

画像13

さらに屋外ドッグランの見渡せる場所にはカウンタースタイルの足湯席が設けられ、飼い主もリラックスしてお茶や食事を楽しむことができます。そのほか陶芸体験の教室もあり、愛犬とず~っと一緒に楽しめます。

画像11

外の「ワンちゃん専用トイレ」で、ちょっと用を足してってのも…もOK。

画像9


天空のドッグラン:伊豆マウンテンドッグラン
ドッグランといえば、知る人ぞ知るユニークな施設がこの近くにありましたね~。愛犬の駅から20分ほど、さらに南にクルマを走らせて、山道を少し上ったところにあったのが「伊豆マウンテンドッグラン」。

画像12

愛犬家のオーナーさんが、みかん畑だった山に作った犬の遊園地。小型犬でも安全に、でも、ちょっと冒険しながら飛び回れる斜面やかくれんぼ遊びができる小屋。運動不足の飼い主さんでも、滑らないように配慮された小道。天気の良い日には、太平洋に浮かぶ大島も見ることができる最高のドッグランで、ファンも多かったと思います。

画像14

オープンから20年、とっても暖かい「オッチャン」と日当たりが大人気の場所でしたが、惜しまれながら、今年の3月で閉園しちゃいました。もう行けないのが残念ですが、思い出に。誰か引き継いでくれないかな…

画像15

「うちのコも、ここだけは楽しく遊ぶんです」という飼い主さんの声をよく聞いた、天空のドッグランでした。

画像16

愛犬と一緒にメルヘンの世界へ:伊豆テディベアミュージアム
雨の日もしくはインドア派のワンコや飼い主さんには、「伊豆テディベアミュージアム」がおススメです。山中湖にあるのは犬の入場が不可なんですが、こちらは抱っこで入ることができます。

画像17

1Fはその名の通りテディベアの博物館で、戦前にドイツでつくられたアンティークなものや、クマさん列車、特大ベアなど様々な表情のテディベアに会えました。

画像18

2Fは特別企画展。「となりのトトロのぬいぐるみ展」では、メイちゃんのお家や「七国山」などのジオラマ、トトロをはじめとするキャラクターたちのぬいぐるみの他に、実物大(?)のネコバスが展示されていて、ひめりんごも乗ってきました。

画像19

宿泊施設:ニーズに応じた豊富なホテルや旅館
その他、このエリアには、犬のための神社「神祇大社(じんぎたいしゃ)」や、

画像20

抱っこでリフトに乗り、頂上から相模湾の絶景が望める大室山、リード着用で入園できる(体重10キロまで)動物園「伊豆アニマルキングダム」など、犬と一緒に楽しめるレジャー施設がたくさんあります。

画像21

泊まるトコロのバリエーションが豊かなのもありがたいですよね。和風の温泉旅館、比較的規模の大きいホテルから個人経営のペンションまで、好みや予算に応じた幅広いチョイスがあります。

画像22

一年に一度、父ちゃんが奮発して泊まる「レジーナリゾート伊豆 無燐」さんは、日本庭園、離れ、檜の内風呂や石造りの露天風呂がステキです。ワチャワチャなひめりんごと平蔵が一緒ですが、静かな時間を堪能できます。

画像24

愛犬家が運営する小規模なお宿では、他のワンコやオーナーさんとのふれあいが楽しみの一つです。うちが大好きなのは、「しらくら」さん。コーギー好きのオーナーが作るブイヤベースは、ママの一番のお気に入りなんです。お部屋からは、大島の絶景が!

画像25

ってことで、早くコロナよどっか行け!お仕事も色々キャンセルになっちゃって、時間もあるので、次回は、伊豆半島のさらに南、河津や下田の思い出をアップしようかな。

画像24



どうもありがとうございます!
3
自己主張と喜怒哀楽の激しい女の子、チワプーの「ひめりんご」とおとぼけで甘えん坊のトイプー「平蔵」の日常を、親ばかのママと父ちゃんが記します。楽しい情報のご紹介だけでなく、あまり知られていないペット業界の闇も明らかにしていきます。

こちらでもピックアップされています

お出かけ情報
お出かけ情報
  • 2本

ワンコと一緒のお出かけスポットをご紹介

コメント (2)
走ってる姿カッコイイカワイイ(キューン)
ありがとうございます😊ひめりんごは走るのが意外に得意なんです🐶
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。