違和感と無知
見出し画像

違和感と無知

10/1 表参道に「Hotel’s」がお店がオープンした。
友人とスケジュールの調整をしている間に予約は埋まっていき、
年内中に訪れればいいか‥
と少し心を落ち着かせていたのですが、SNSで流れてくる写真などを見ていると、どうしようなく勝手に煽られる食欲が抑えられず、
予約の要らないモーニングに行って来ました。
11/1から、モーニングも予約可能になりました。

料理の写真などは他の方がupされているので、
そちらを見てもらうとして、

僕が心を奪われたのは、スプーン。
サラダの時に使う、あのスプーンです。


カウンターに座っていたので、目の前で具材が混ぜ合わされ、
味が整えられて運ばれて来ました。
二十数種の具材が一口ごとに違う顔を見せるとの事だったので、
期待を胸に口に入れたのですが、

???


サラダの味とほぼ同時に違和感を味わいました。
違和感を確かめる為に、もう一口
「あっ、スプーンが薄い」
だから何? とツッコミが入りそうですが、
サラダの味を忘れるぐらい僕にはインパクトがありました。
たぶん、スプーンが薄いことによって具材がスッと抵抗が少なく口の中に運運ばれてくる!はず‥
1人で違和感を味わいつつ、サラダを楽しんだのですが、
やはり気になります!他の方々の反応!
失礼とは思ったのですが、横目で観察。
サラダが運ばれひと口、ふた口と美味しそうに食べられている。誰も違和感を持った素振りもなく、スプーンに気を止める素振りも見せない。
ましてや自分の様に、スプーンを360°観察しどこの製品なのか、確認もしない。
そう思うと、急に少し恥ずかしくなってきます。
自分が無知だっただけなのか‥

と、ここまではお店に行った日(10/10)に書いて、下書きに入れました。 
理由は同じ違和感を感じた人が何処かで発信するかもしれないと思ったんです。けれど、そんな気配もないので公開しようと思います。

Hotel’sのおかげで凄く良い体験(1人で勝手に思考を巡らせ、無知に気づいただけですが💦)が出来ました。

個人的にあのスプーンを購入しようと思ったのですが、
Hotel'sに行った時の楽しみとしてとっておこうと思います。

年内にランチ、ディナーに伺いたいと思います。

(サムネ、公式からお借りしました。)

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おかげで、次も書けそうです。
ジュエリークラフトマン、元カフェ店員。カフェ店員の時より、珈琲に没頭しています。