資本主義はお金の奴隷になってはいけない。
見出し画像

資本主義はお金の奴隷になってはいけない。

挽地信孝

坂本光司さんの「日本でいちばん大切にしたい会社」

先日イベントでお世話になった共感コミュニティ通貨eumoの代表である新井和宏さんが、人生を変えた本として紹介されていました。

新井さんの「資本主義がお金の奴隷になってはいけない」という言葉がずっしりと重く、経営とは何かを改めて考える機会になりました。

この本は、まさにその経営とは何か、もっと言えば人生に本当に大切なものは何か、を問うシリーズで、働くことの意味やお金の意味を教えてくれます。

新井さんは、幸せな人は「働く」とは何か、「お金」とは何かを知っているとおっしゃっていて、まさに今の自分の問いのど真ん中だと思っています。

いくつかの「日本でいちばん大切にしたい会社」が出てきますが、どの会社も恥ずかしながら知りませんでした。読めば読むほどその素晴らしさに感動します。しかも単なる綺麗ごとの成功事例ではなく、失敗も苦労も隠さず書かれていて、とても手触り感のある例ばかりなので自然と心に刺さります。

新井さんの求める共感資本社会の実現とは、お金の再定義をするとはこういうことなのか、と改めて理解できました。

お金だけを追求した結果、その先には崖しかなかった、何もなかった。でも後ろを振り返ったら、そこにはとても美しい世界が広がっているのが見えた。という新井さんの言葉に心を打たれました。新井さんの新著「新しいお金の教科書」も楽しみです。


「5人に対する使命と責任」
1.社員とその家族を幸せにする
2.協力会社の社長を幸せにする
3.顧客を幸せにする
4.地域社会を幸せにし活性化させる
5.自然に生まれる株主の幸せ

「ひと、もの、金ではない。
ひと、ひと、ひと。
心に響く会社。」

「人の幸せとは、
①人に愛されること
②人に褒められること
③人の役に立つこと
④人に必要とされること
そのうち3つは働くことで実現できる。だから働きたいという気持ちになる。」

#坂本光司
#新井和宏
#日本でいちばん大切にしたい会社
#eumo

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!
挽地信孝
株式会社ADKダイレクト代表取締役社長 著書「すぐ出す技術」「3000万人100兆円新シニア市場と絆ダイレクトマーケティング」adtech2020スピーカー/宣伝会議講師/九産大客員講師/野鴨塾/ピーチスノウ/コミュニティSHOWS/メイビーtube