見出し画像

最近

5月26日の終わりに「マガジン見直せば見直すほど間違いが出てくる」と書いたら、友人のみっちょんが、校正手伝いましょうか?というコメントをくれたので、ぜひーーー!ということでやりとりをしているなかで、そうだ確認って印刷をしてやるもんだよなあ...と気づいて(遅い)、自分の中では98%くらいできあがっているつもりの物を家庭用プリンタで印刷してみたら、びっくりするぐらいダサかった。いやほんと、ダサくてびっくりした。

うーむ、ディスプレイで見ているのとこんなに印象が違うのか!!と思って、そこからいろんなところを修正しまくった。

ここ10日くらいは、家業で7時間くらい働きつつ、8時間マガジンをやっていた。もう今までTwitterを見ていた時間が1分でも惜しい。noteとか書いている場合じゃない。仕事でもないし特に誰にも求められていないんだけど、私けっこうデザインとか好きなんだなあと思った。何より、自分が好きな人やものごとの魅力が、どうしたらより伝わるかとか考えることが一番好きなんだなあと思ったし、お金を払ってでもやりたいことなんだなあと思った。(クオリティはともかく。)イベントをやっていたのも同じだ。

(あと私本気で生活に困ったら、まだまだ働けるわとも思った。)

自分は、家業を拡大してめっちゃ稼ぐとかそういうことはできないと思うけど、もう自分が生きていける範囲で働きながら、余白でこういう好きなことができていたら、十分すぎる幸せだなあと思うし、それならまあできるんじゃないかと思う。プロのまねごとがだいたい実現できる時代ってすごい。

社会に対してどうかと思うこともいろいろあるけれど、楽しもうと思ったらいろんな方法がある。幸せだ。

ちなみに、今までいろいろなフリーマガジンを参考にしていたのだけれど、フリーマガジンはやはりフリーなので、そこまでデザインに力を入れていないものが多い。(そうじゃないのもあると思うけれど。)そこでファッション誌を細かく見ていくと、やっぱりデザイン性が違うなあと思う。なのでいろいろなファッション誌を参考にしてみた。

いやこれ15倍くらいかっこよくなったよ。(当社比!!)

というわけで、あとはほんとうに細かいところを修正していくだけ。

初めての作業だったので、どれくらい時間がかかるか全然見当違いだった。

まあ、もっと手を抜くこともできたのだけれど。

あとA4というサイズがすごく難しいんだなあと思った。A4ってでかいなー。写真も最初からそのつもりで撮らないと全然だめだ。

来週中に入稿できるとよいなー。

そしてまた普通の生活に戻そう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いろいろな方にインタビューをして、それをフリーマガジンにまとめて自費で発行しています。サポートをいただけたら、次回の取材とマガジン作成の費用に使わせていただきます。マガジン第一弾(36ページ)は、ご連絡頂けたら無料でお送りいたします。maricommu82@gmail.com

ありがとうございます。
8
'82年生まれ。山梨県北杜市出身&在住。実家暮らし独身。会社員を辞め、自宅で花の苗を栽培しています。たまに東京や山梨で音楽イベントやトークイベントの主催もしています。お問い合わせはmaricommu82@gmail.com へお願いいたします。

コメント1件

余白で好きなことしていく…大共感です!むしろそっちのほうが自分追い詰めすぎず、楽しめたりするのではと思います。ま、生活維持しつつ、調整して余白も作らないとですが。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。