見出し画像

「ときのそら」から『っぽい』が消えた日

色々あって、見れなかった人はまだタイムシフトで見ることができます。
もし、これから見るのであれば、この記事はネタばれのようなものを含みますので、ライブ映像を見てから、この記事を読むことを強く推奨します。





はじめに

思うに、彼女の個性は「成長」だと思う

それを「個性」と呼ぶには、変だということは分かっているし
他のみんなも成長しているというのは分かっている

ただ、彼女を目撃するたびに「また成長している」と
強く感じるのだ
他の誰よりも、それを感じるのだ

こんなことを書いておきながら、私自身は、熱心なファンとは言い切れない
そらちゃんの活動自体は

これをリアタイするくらいの頃から追っていたが

今に至るまで毎回生放送を追えているわけではなかったし
見れていないアーカイブも正直多い

だからこそ、見るたびに「おっ、頑張っているな」って感じたのかもしれない

挨拶に模索し
企画やコーナーに模索し
特徴がないことに悩み
高音が出せることを証明し
属性に悩み
ネットミームに困惑し

思えば、何をするにも、自信を持てなかったんだろうなぁと
「みんなに認めてもらえるにはどうすればいいんだろう」って模索し続けながら

それでも

生放送はやめない

信念を貫き続けたんだなって

わたしはまだまだ完璧じゃないところも多いけど、
みんなのことがとっても大好きです(*´꒳*)゚*.・♡

今までわたしを支えてくれたたくさんの人に、ありがとうの気持ちを込めて歌いました。
胸を張ってわたしだよって言えるように、これからも止まらずに頑張ります!(*•̀ᴗ•́*)و

(概要欄より引用)

多くのそらともさんが、支え続けたことは無駄じゃなくて
ずっと生放送に参加し続けた人も
私のように、たまにでも遊びにいっていた人も
音楽だけ聴きにきただけ人も
そのみんなの協力があって、彼女に自信を与えたと思うし

だからこそ
彼女からこのような言葉が出てきたのかなって

みんなから好かれる「ときのそら」

始まる前に、まりなす(仮)響木アオちゃん、YuNiちゃん、富士葵ちゃん、かしこまりちゃん、瑠璃ねぇ天神子兎音様銀河アリスちゃん、ヒメヒナミライアカリちゃん、電脳少女シロちゃんたちから応援メッセージが流れました。みんな、そらちゃんのことが大好きだということが伝わる内容で、こっちまで嬉しくなるようで、既に涙腺が緩む人も

また、始まる前に近くの公園で集まった人で横断幕が描かれ、会場に飾られていた。私は行きそびれてしまったが、遠目からみても隙間がないと感じるほど、多くのファンが応援の想いを綴ったことが伺える。

(アタック映像とは、イベントの最初などで盛り上げるために流すムービーのことです)

アタックが流れてからは、ただただ、ひたすらに歌い続けました。

セトリとか、間のトークに何があったかを知りたい人は、この二日で4本もレポート書きあげたレポート神こと『だいすけ』さんのレポをお読みください(歌った曲の動画を引用してあり、すごく見やすいです)

そして、もたもたしているうちにPANORAさんにも先を越されてしまいました(やっぱプロのライターは良いものを早く仕上げますね!)

なので、私はセトリとか、ライブの様子とかは書かず
私の思うことを綴ります。

ただ、ただ、歌い続ける少女

3部+アンコールという構成で、合間に「ほしのふるにわ」と「おかえり」挟んだだけで

基本的にMCと歌を延々を続けていました
派手な演出もせずに(照明の工夫や、上モニターに歌詞を映すなどはしっかりとあり、決して手を抜いてという意味ではないです。演出で誤魔化すということが一切なかったという意味です)、ただただ歌い続けました

それで、その場を、ライブビューイングのみんなを、ニコ生で視聴していたみんなを魅了し続けました

それって、ただ、ただ、すごいことで
もう、普通じゃないんですよ
ただの普通の少女は卒業したんです

このライブの結果というものは

「ときのそら」の歌声には、それだけの魅力があるという証明

彼女の歌は、うまいです
優しくて、それでいて元気をもらえる声で
綺麗で透明感のある高音
声量もあって
ハモりのセンスもあって
それでいて、早口もしっかり歌えて

そして、それは才能なんかではなくて
ずっと、ずっと、そらちゃんを大切に思う人達に応援され練習し続けてきたもので

ずっと、ずっと頑張り続けてきた証明

私はもう、そらちゃんに「頑張れ」なんて口が裂けてもいえません
だって、彼女はもう十分に、ちゃんと頑張っているから

頑張ってるのはそらちゃんだけじゃない
伸び悩み、辛い時も一緒に支えてあげ続けたえーちゃん、友人F、スタッフたち、そらちゃんを先輩と慕うホロライブの面々

そして、多くのそらともさんたち
(同じコンテンツを2年以上追い続けるって、ある意味本気じゃなきゃできないんですよ。それを多くのファンはずっと好きでい続けるというのは、すごくかっこいいことだと思うんですよ)

みんながずっと、頑張り続けてきたから、この日が迎えられたのだと

連れていくよ あの時の空へ

そらちゃんの歌として、パッと頭に浮かぶのはこちら

遠回りでも 荒れた道でも
歩いてきて 良かったなぁ
止まらないよ
一緒に歩いていこう

この歌が、すごく思い入れがあるんですよね

この2年間は、もしかしたら遠回りだったかもしれないけれど
この2年間だったからこそ、いまのそらともさんたちがいるわけで
この先、2年でも、3年でも一緒に歩いていきたいねって

そして

Гまるで''星みたいだね」

彼女はもう、星のように眩しくて

もがき続けて
見ていたあの時の
空はきっと
まぼろしじゃない

初のワンマンソロライブは夢じゃなくて

わたしの目の前に広がる世界は、初めて配信をしたあのときから、みんなのおかげで夢色です。

画像2

今度は、そらともたちで連れていくよ
あの時
語っていた横アリの空へ

そして、そらちゃんのお母様に、最前席を譲ってあげたいなって

だってもう「ときのそら」は
「アイドルっぽい」ではなくて
「アイドル」なのですから

この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ケセラセラといきましょう!
66
Vtuber大好きの限界オタクです。音楽に関することとか大好きです。 とうとうVtuberの体を手に入れました!! 推しにかかわらず色々なコンテンツをみんなと共有していきたいです!

こちらでもピックアップされています

Vtuberのイベントレポ・体験記・考察
Vtuberのイベントレポ・体験記・考察
  • 46本

Vtuberに関する様々な記事についてまとめてます。 いっしょうけんめいがんばります!

コメント (1)
こうやって自分自身の思いをしっかり伝えられる事は、しっかり熱心なそらともになってるからこそですよ。もっと自信を持っていいと思います!

そらちゃんのイベントが成功したのは本当に良かったですね、これからも彼女には止まること無く成長し続けて欲しいですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。