新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「Soil Works」とは?|創業ストーリー

はじめましての人のためにまずは簡単に自己紹介を。
貝瀬智大(カイセ トモヒロ)と申します。
新潟県南魚沼市出身の東京在住のアラサー男。
実家は米農家。

「音楽に携わる仕事につきたい!」という想いを胸に上京し、今は多目的ホールの管理運営、イベントの企画制作を行っている会社に勤務しています。
野外フェスやキャンプや釣り、スノーボードなどアウトドアが大好きです。
東京に住んだからこそ、改めて自然豊かな地方の良さを実感してます。

そんな僕ですが、本日6/17、
「Soil Works」という農業レーベルを立ち上げました。
拙い文章にはなりますが、思考をまとめる際に作った資料も交えて取り組みを紹介させてください。

画像1

①「Soil Works」は何をする組織なの?

一言で表すならば、
農業を切り口にコンテンツを生み出す組織です。
具体的には、お米のEC販売、イベントの企画制作、アパレル(作業着)展開、動画コンテンツなど、農業を切り口に様々なコンテンツを展開予定です。

農業というカテゴリだけに属すのではなく、動画コンテンツをきっかけに他ジャンルの動画クリエイター、イベントをきっかけにアーティスト、アパレルをきっかけにショップなど、今まで農業との繋がりが弱かった業界も含め、様々な人と繋がっていく事で農業の新しい可能性が生まれると思ってます。

そして、その積み重ねがベースとなって、Soil Works自体が様々なアイデアが芽吹くプラットフォーム的な存在になっていけたらなと願っております。

画像2

②立ち上げの背景

モノが生まれるまでのコトを知りたい

コロナウィルスの影響でほぼ毎日自炊生活になった4月中旬。
夕飯の食材をスーパー買い出しをしているときにふと思った、この食材は誰が、何処で、どうやって、作ったんだろう?

生産者の顔写真が貼ってある商品は多く見るけど、よくよく考えるとこの人は誰だろう?そこで気づいた。「知る順番が逆」だったことに。

まあ、日本の食材は基本安全だろうし、その前提があるから普段は考えなかったけど、いざ考えると気になるもので。。。

野菜やお肉の生産者を調べていくと、EC販売とかは沢山あるのに、生産過程をSNSなどで発信している農家って少ないんだな、と。

スーパーで買うのも手軽で良いけど、生産者や生産の過程を知った上で、買うかどうかを消費者が選択する、そんな食材があっても良いよな。

この想いをきっかけに、4月下旬から立ち上げ準備を開始しました。

③活動拠点は「新潟県南魚沼市」

東京在住の僕ですが、活動拠点は僕の生まれ育った故郷南魚沼市。
簡単に南魚沼市を紹介させてもらうと、

・日本一の米所
・スキー場が多い(豪雪地帯)
・ヨコノリ文化が根付いている
・大規模スケートパークがある
・この街の音が鳴る箱がある

実家が米農家な僕が言うのもアレですが、この街の米は美味いですよ。
元プロスノーボーダーの農家の方が、毎年日本一の米を決める品評会「米・食味分析鑑定コンクール」で6年連続で金賞を受賞したり、その他多くの賞をこの街の農家の方が受賞しています。米のレベルがとっても高いんです。

僕は小学生の頃からスノーボードをやっているんですが、この街の人は本当にヨコノリが好き。そのカルチャーが根っこにあるからこそ、音楽やアートなどへの理解が深い人が多いし、それを発信する人も存在している。そして、その活動を発信できる場所がある。地方の小さい街でこんなに詰まっている場所は他にはないと思います。

日本一の米を生み出す自然豊かな土地に、音楽やスノーボード、スケート、アートなど様々なカルチャーを愛する人々が住んでる。超イケてます。
そんな生まれ故郷からSoil Worksの挑戦を開始します。

画像3

④VISION

VISION
「新たな時代に火を灯す」

このプロジェクトの活動拠点が愛する南魚沼だからこそ、やるなら絶対に地元の活性化に繋げたいよな。という想いをもとに、

・新たな時代 = そこに住む若者達
・火を灯す = が未来を創る、活性化させる

という目的を掲げています。そうなるために、Soil Worksが動き、若者たちの火種になろうと思っています。
あと、純粋にローカルの若者が活発的って良いよね。

画像4

⑤MISSION

MISSION
「米を切り口に生産のドラマを伝える」

VISIONを創るために、立ち上げの背景にもあった、この食材は(WHAT)、誰が(WHO)、何処で(WHERE)、どうやって(HOW)、作ったんだろう?を切り口に、日本一の米所だからこそ伝えられる「消費者に届くまでのドラマ」をコンテンツ化し、届けて行こうと思っています。

画像5

⑥今後の展開は?

年内の動きとしては、
・お米のEC販売
・動画コンテンツ制作

この2つに力を入れて活動していこうと思っています。

・Soil Worksプロデュース米のEC販売(8月中旬開始予定)
南魚沼産コシヒカリをSoil Worksでプロデュース。
令和2年の新米を8月下旬から予約受付開始予定。
1kgのお試しサイズ、5kgの1ヶ月ファミリーサイズ、サブスクプラン(定期購入)の展開予定。

・南魚沼の"人"にフォーカスした動画コンテンツ(9月配信開始予定)
若者にやる気を出させるなら、まずは住んでいる土地の人柄や、カルチャーを知ってもらうことから。ということで、南魚沼で活躍するイケてる大人にフォーカスした動画コンテンツの企画を進めています。

画像6

それ以外にも今後やりたいことは沢山あって、

・アパレル(作業着)のプロデュース
・地元の木材を使った家具や雑貨の企画制作
・イベントの企画制作
・ご飯のお供の食材とコラボ
・田植え、稲刈り体験などのワークショップの開催
・お米以外のEC販売(例えば地元で採れた山菜)
・南魚沼の子供向けの教育体験イベント企画
・etc...

無限に出てきそうなので、この辺でやめておきます。
来年以降はもっと色々な動きをしていきたい!!!

⑦メンバーについて

当然、こんな壮大な計画、僕一人で動かせるはずもなく、同じ地元の仲間達に協力していただいてます。(本当に感謝です)

僕含め東京在住が4名、南魚沼在住が2名の計6名で運営しています。
それぞれ別に本業あり、デザイナー、ライター、フォトグラファー、観光協会職員、OLなどなど、個々の領域で頑張っています。

今後、SNSなどで個々のメンバーについても紹介しようと思ってます!

⑧最後に...

ここまで読んでいただきありがとうございました。
拙い文章ですが、本当に思っている事を書かせていただきました。

最後に一つお願いがございます。
もし、Soil Worksの考えていることに少しでも共感していただけたら、
Soil WorksのSNSをフォロー、本noteをスキ(ハートマークを押す)や皆様のSNSで拡散、などのご協力をいただきたいです。何卒よろしくお願い申し上げます。

さー!頑張るぞー!

『関連リンク一覧』
□ Instagram
https://www.instagram.com/soilworks_jpn
□ Facebook
https://www.facebook.com/soilworks.japan/
□ YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCGa8aF7n59Og26czrBLkeJQ/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります。
100
新潟県南魚沼市出身の東京在住アラサー男。 多目的ホールの管理運営、イベントやコンサートの企画制作に携わってます。 南魚沼発の農業レーベル「SoilWorks」主宰。

こちらでもピックアップされています

SoilWorks Magazine
SoilWorks Magazine
  • 2本

米どころ新潟県南魚沼発の農業レーベルについて

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。