誰かを恋しがる
見出し画像

誰かを恋しがる

ここに一人の人間がいるということは、
まぎれもない事実。
ここにひとりの人間がいたということは、
まぎれもない過去。

その人の「ここ」という場所も、時間も、思い出さえも、
誰かの記憶の中に埋もれていく。
そして、忘れ去られてしまうのだろう。

やがて、消えてなくなってしまう。
歴史という言葉にまとめられ、いなくなった人々。

ひとりひとりの魂は、小さな小さな星になり、
宇宙の果てに飛んでいく。

もう二度と蘇ることのない命を、
誰が恋しがるのだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
クリックしてくださって嬉しいです。
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」最新刊「世界は思考で変えられる自閉症の僕が見つけた「いつもの景色」が輝く43の視点」が発売中です。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/