見出し画像

前向き

大変なことが起きたあと、ひとつ困難を乗り越えたと考えられるなら、
嫌な記憶も、それほど無駄ではなかったと思えます。

起きた事実は変えられませんが、ほとんどの出来事は、
後付けの理由で、自分の都合のいいように理解できるものではないでしょうか。

物事を、どう捉えるかで、人は前向きに生きていけるのだと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

(*^o^*) 本当に、本当にありがとうございました。
19
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」「自閉症の僕の七転び八起き」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。