見出し画像

僕とアジサイ


雨が降り続く朝

びしょぬれのアジサイを目にする

こんなに濡れてかわいそうに

そう思うけれど

アジサイはきっと

何とも思ってはいないだろう



同情される

その気持ちは

アジサイにとっては無意味なのだ



嘆いているのは

アジサイではなく僕



その事実に気づかないふりをして

アジサイをいたわっても

アジサイは僕に感謝などしてくれない



自分の命を全うする

それは

与えられた場所で

懸命に生きること


運命を受け入れ

自分の使命をなしとげること



もがきながら
自分の生きる場所や役割を
必死で探す人間の姿は

アジサイにどう映っているのだろうか



雨に打たれ続けるアジサイの花の根は

地面にしっかりと定着している

こうして地球の大地に根を張り

来年も再来年も

みごとな花を咲かせるのだろう




自由という価値観を知った僕は

不安定な二本の足で

ふらふらと動き回る


しまいには横たわり

これまでの過去を振り返っては

自分の命のはかなさに涙をこぼすのだ




アジサイが僕に
同情してくれないことをわかっていても

いつの日か

僕はアジサイを自分のかたわらに置き

その美しさに心を打たれながら

最期の時を迎えるに違いない

















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございます。
39
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」「絆創膏日記」 詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメント (2)
https://note.com/rick140/n/nc0c596bf310b
紫陽花の写真を撮ってみました。よろしかったらご覧下さい。
フォローさせて頂きました。相互フォローして下さいると嬉しいです。
リック西大寺 さんへ コメントありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。