見出し画像

冷えとりスタイルグッドニュース 第10回

第10回
おしゃれで快適!
シルクアイテム

冷えとりがおすすめする素材といえば、シルク。とくに肌に直接ふれる部分にはシルクがいいといわれています。でも、インナー以外に羽織ったり、首に巻いたりするアイテムも実は案外肌にふれる部分が多いもの。つまりシャツやストールのようなアイテムもシルクを選べば心地よさが倍増します! シルクは軽くて肌ざわりも抜群、身につけるとさらりと涼しく、一方で保温・吸湿・通気性にすぐれているため、1年中大活躍。思いきって上質なものを1枚手に入れたら、ぜひ、四季を通じてたのしんでくださいネ。

画像1

イギリス発のブランド「コレニモ」の、シルク100%のブラウス。クラシックなデザイン×ブラックに、ほどよい甘さもプラス。ボトムス次第でエレガントにもカジュアルにもコーディネートできそう! 首まわりと袖口がゆったりして、身幅もたっぷりとした形は、風がよく抜けるため冷えとりにもぴったり。
衿つきのブラウス39,000円(コレニモ/マッハ55リミテッド)

画像2

インドの伝統的な手紡ぎ・手織りの生地を扱う「カディ&コー」のシルクストール。光沢のあるシルクにうつくしい刺繍が施された上質な1枚。上着がわりにふんわり羽織ると風通しがよく、寒いときは腰に巻くとあたたかい。からだを包んでくれるほど大きなサイズが便利!
刺繍入りストール29,000円(カディ&コー/コール)


写真=清水奈緒 スタイリング=鍵山奈美 文=アマミヤアンナ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
『冷えとりスタイルブック』の編集部。編集長・服部みれい。

この記事が入っているマガジン

冷えとりスタイルグッドニュース!
冷えとりスタイルグッドニュース!
  • 13本

『冷えとりスタイルブック』にはまだまだ続きがあって……。本でご紹介しきれなかった、冷えとりアイテムや、スタイリストさんのインタビューなどを、お届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。