【報告】MAP退職とグループ会社代表就任のお知らせ

高橋です。

私事ではありますが、2月29日をもって株式会社MAPを退職し、3月1日よりグループ会社である株式会社キャリアハイの代表取締役として就任致します。

私自身のお話にはなりますが、2015年7月より株式会社MAPへメンバーとして入社し、以後、企業様への採用支援及び求職者様への転職相談を行なってきました。

2018年1月には子会社の株式会社日本若者転職支援センターを取締役として設立、学歴/経歴に依存しない転職支援を運営、また、同時期に株式会社MAPの執行役員として就任

2019年1月より株式会社MAP及び株式会社日本若者転職支援センターと合同事業として長期キャリア支援事業を立上げ、会社としても入社当初18人規模であった会社は100人規模にまで成長しておりました。

メディアにて露出頂けるほどになりました。

メンバーの活躍によりメディアでの露出もさせていただき、NHK様の朝の番組、東洋経済様、@人事様等、感謝の限りです。そこから多くの人に声をかけていただき、少しずつ支援の幅が広がっていったと感じています。

画像1

若者サポートステーションとの協業

世田谷サポートステーション様とは2年近くお付き合いさせていただき、担当者様には良くしていただきました。株式会社日本若者転職支援センター社名のヒントは若者サポステでもあり、重なる理念が多くあり、共同でのイベントを数多くさせていただきました。

国の補助

今回の事業拡大には国の補助が欠かせないものでした。数千万円にも及ぶ補助があってこそです。社会保障制度は非常に分かりづらいものですが、国の意思をきちんと汲み取った経営をすることが会社と人を守ることなのかと勉強になりました。

意思決定の背景はフェーズによる組織の最適化

私自身の強みとして、何もないところから現在の状況を把握し、組み合わせて、全体最適の解を見つけること、作り上げる事だと自負しております。

しかし、ある程度できた組織の中で、より継続的に成長、発展させるのは私よりもっと能力値が高い人がいて、メンバーがトップに立つ事でより良い組織になると判断、私自身の役目は果たされたと感じ、今回の決断に至りました。

また、0からリスタート

毎年新しいことにチャレンジさせていただき、都度1人からスタートしてきました。今回もまた、同じたった1人からです。しっかりと売上を上げてから、ゆくゆく仲間を作ってより世の中にとって価値のある事業展開をしていきたいと感じています。

はたらくとひとと。向き合い続けたい。

やはり行う事は人材領域。はたらくことの人生への影響とはたらくことの社会への影響は大きい。はたらくことに対する正解のない課題は常に向き合っていきたいと考えています。

まずは一人でできる事は限られているため、少しずつ信頼の輪を大きくしていければと思います。

コロナショックと今後

個人的には代表就任と同時に休業の危機にあるのはなんとも言えませんが...ただ、私以上にコロナショックによる経済のダメージは大きく、リーマンショックを超える可能性が示唆されています。当然、失業率の増加や求人の取りやめは増える事でしょう。人材業界で生きるものとして、そんな事態になることも想定して、一人でも多くの人が安心してはたらける、企業が雇用できる、そんな社会を目指して事業展開できればと思っています。

最後に

いままでお世話になった方全てに感謝するとともに、今後ともよろしくお願いします。大変だけどその中に楽しみを見出して少しずつ着実にやっていきたいと思います。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しすぎます!!!!♪( ´▽`)
17
3児父。人材会社に勤めています。 株式会社MAP 株式会社日本若者転職支援センター取締役